2017年09月30日

僕らの2017年夏

ゴッドタン 私の落とし方発表会』 (テレビ東京)
(7/30) 人生って 不思議なものですね
(8/27) 愛の仕業


 -再放送-
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2011年)』 (特別編集版/フジTV)



 -映画-

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
(8/19) みづきありさー


 -TV上映画-
自虐の詩 (2007年)】 (TV東京)
思い出のマーニー (2014年)】 (日本TV)
僕だけがいない街 (2016年)】 (フジTV)
雲のむこう、約束の場所 (2004年)】 (TV朝日)



---
spring 『ourdorama』 autumn

posted by ozy- at 23:53 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年08月27日

愛の仕業

おぎやはぎ・矢作兼
「江里子さん。いい脚本(話)だったね」
阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子
「いい話…」

ドラマのVTRが終わってからも、
江里子先生の涙が止まることはありませんでした。



ゴッドタン ゴールデンSP 私の落とし方発表会
“幸せのおすそわけ”
#脚本:渡辺江里子 / 制作:テレビ東京ドラマ班
#前作「妻が死別したカメラマンと娘…完結編(第4話)」(7.30)



休日の公園、
BGMには Mr.Children 「Sign」が優しく流れていました。


本上(前川泰之)
「この漬物がどうしても食べたくなって、わざわさ
 海外のスタジオに送ってもらったこともある」
省吾(劇団ひとり)
「なんでそんなことを」
本上
「江里子さんはね。君の話ばっかりだ。
 僕が(お弁当を)“美味しかった”って伝えると
 すごく嬉しそうに、君の 思い出を話してくれた。
 僕はそれを聞くと、とても幸せな気持ちになった」
江里子
「本上さん…」

スタジオ・陣内智則
「めっちゃ ええ話やん」

もうこの段階でスタジオにいる江里子先生も涙ぐんでいます。


本上
「省吾くん。江里子さんの作る弁当が
 どうして冷めても美味しいのか わかるかい?」
省吾
「・・・」
本上
「このお弁当には、君たち家族の
 温かい思い出が詰まってるからだよ」

BGM(Mr.Children 「Sign」)がボリュームを上げてサビに突入です。


本上からお弁当を受け取る省吾
「あれ。こんなの今まで うちの弁当には入ってなかったけど」
江里子
「みょうがのピックルス」

スタジオにいる陣内さんも 笑うと同時に涙をぬぐっています。


江里子
「一度作った時 本上さんがすごく喜んでくれたから」
本上
「江里子さん」
省吾
「あぁあ。とうとう我が家の弁当にも 新しい風が吹き込んできたか」

矢作兼
「うるせぇよ」

そういうことですよ。
このドラマは「うるせぇよ」と笑いながら、
心地よく涙が流れている。
そんなドラマです。

江里子作品に出演される方は全員
プラスのイメージになっているから不思議です。
“幸せのおすそわけ”
まさに、出演者にとっても幸せを運んでくれる素敵な作品です。



陣内
「ミスチルがバシっとハマってましたもんね」
劇団ひとり
「あれはこのドラマのために書いた曲でしょ?」

桜井さんもきっと喜んでくれるのではないでしょうか('08.12.13)
オレンジデイズ(2004年)』から13年、
今もな お色褪せることなく 「Sign」は僕らに笑顔と涙を
届けてくれます。

江里子作品がひとりでも多くの方に伝わりますように。



---
backThe God Tongue
posted by ozy- at 18:52 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | 2017年
2017年07月30日

人生って 不思議なものですね

おぎやはぎ・矢作兼
「他の役者さん みんな良かったですね」
阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子
「本当のお上手でっ!」

劇が終わってからも、
江里子先生の涙が止まりません。

実際、見ていた我々も 同じくです。



ゴッドタン 第5回 私の落とし方発表会」
“妻が死別したカメラマンと娘…完結編(第4話)”
#脚本:渡辺江里子



カメラマンの岩谷さん(BIRD LABEL・岩谷健司)、
娘のさえちゃん(ハコイリムスメ・我妻桃実)、
そして ミキさん(東加奈子)。
素晴らしかったです。

とても、ていねいな作りでしたね。
こういうドラマって、何度見返しても
こみ上げるものがあります。

見ている間、笑ってるんです。
ふっとした瞬間、水風船がパーッと割れるように
涙がもう止まりません。
北の国から』と同じ構造ですね。私の理想のドラマ展開です。

第1話が放送されたのが去年の8月放送でしたから、およそ一年間。
前回の第3話(今年2月)から続きが気になって仕方がありませんでしたが、
江里子先生、最高のエンディングでした。
夏の始まりに最高のドラマをありがとうございました。


次週のゴッドタンは「第2回 ネタギリッシュNIGHT!!」、
この振り幅がたまりません。



---
The God TongueSP
posted by ozy- at 22:18 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年06月30日

僕らの2017年春

デリバリーお姉さんNEO』 (TVK)
#09 (6/21) 名探偵と魔法使い


テラスハウス ALOHA STATE』 (フジテレビ)
#20 (5/16) ギルティフェイス


ドラマ『架空OL日記』 (読売テレビ)
#03 (5/06) マツキヨデビュー


ドラマSP『パンセ』 (テレビ東京)
#01 (4/01) 皆の中で 生きるのサ


 -再放送-
最高の離婚(2013年)』 (フジTV)



 -CM-
EXILE ATSUSHI&SHUN / ただ…逢いたくて
(4/12) 今 逢いたくて



---
winter 『ourdorama』 summer

posted by ozy- at 23:59 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年06月30日

僕らの2017年冬

-特集-

カルテット』 (TBS)


 -再放送-
Q〜こどものための哲学〜(2014年)』 (Eテレ)
冬のソナタ(2003年)』 (BSフジ/新編集版全25話)
北の国から(1981年)』 (フジTV)
新世紀エヴァンゲリオン(1995年)』 (NHK-BSプレミアム/ HDリマスター + 5.1chサラウンド放送)



 -映画-

一週間フレンズ。
(2/25) 「長谷くん、だよね」


ぼくは明日、昨日のきみとデートする
(1/08) 「また 会えるかな」


 -TV上映画-
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に (1997年)】 (NHK-BSプレミアム)
EVANGELION:DEATH(TRUE)2 (1997年)】 (NHK-BSプレミアム)
秒速5センチメートル (2007年)】 (TV朝日)
告白 (2010年)】 (NHK-BSプレミアム)
のだめカンタービレ 最終楽章 (2009年)】 (BS-TBS)
手紙 (2006年)】 (BS-TBS)
グッモーエビアン!(2012年)】 (BSジャパン)



---
autumn 『ourdorama』 spring
posted by ozy- at 23:59 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年06月21日

名探偵と魔法使い

架空OL日記』が終わって、
ある程度の喪失感を覚悟していましたが、
今のところまだ大丈夫なのは、
このドラマがあるおかげです。



デリバリーお姉さんNEO』 第9話「あの頃といま頃と」
#脚本:三浦直之 / 演出:松本壮史



バリー姉さん(望月綾乃)
「どう? 順調?」
中華鍋でチャーハンを炒める北橋君(板橋駿谷)
「っしゃっ! っしゃっ! 」

回想の中の北橋店長はロン毛を通り越して
聖子ちゃんカットに近いものがあります。


バリー姉さん
「チャーハンを炒めるってことは、
 心を痛めるってことになる。
 もっと痛がって。胸を痛めながら、
 痛みかかえて!」
北橋君
「っっあい!
 ッチャー! ッチャー!」

気合の掛け声も、チャーハンにより近づいてきましたよ。
さすがです。バリー姉さん。



カウンターで眠ってしまったバリー姉さんの肩に
そっと毛布を掛ける北橋君

マコ(木竜麻生)
「これって」
エリー(岩井堂聖子)
「絶対そうだよ」
悪い女の顔してます。

マコ
「店長って」
エリー
「バリー姉さんのこと好きだったでしょ」
コントみたいに うろたえる店長。

エリー
「わかりやすいね 店長は」
マコ
「わかりしかしかなったです」

今、新しい言葉が生まれました。



私の好きなドラマって、
その人達が暮らしている空間そのものが
じんわり好きになっているんですよね。

なので、少しでもその世界に触れていたくて
その街に行きたくなったり、
流れていた音楽を日常のなかでも聴いていたいんだと思います。

ドラマの最後に流れる主題歌
江本祐介さんが歌う「願いに星を」のCD化をぜひお願いします。
#「願いに星を」作詞:三浦直之 / 作曲:江本祐介


主題歌が終わって、
次回予告が流れた時、
嬉しくてちょっと泣きそうになりました。
今回の内容があまりにも最終回っぽかったからです。
あぁ、また来週もこの世界観が新しい物語に触れられると思うと、
嬉しくて、朝の通勤電車の車内で、ちょっとグッと来てました。
#録画番組をウォークマンに転送して通勤中に視聴しています.

放送されているのがTVK(テレビ神奈川)なので、
このドラマの話をしても今のところ知っている人がひとりもいませんが、
いいんです。好きなんですから。

いつまでも見ていたいドラマです。



---
Delivery NEO
posted by ozy- at 23:39 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年05月16日

ギルティフェイス

玉城大志
「なんか心のどこかに、杏ちゃんにギルティ感じる」
エビアン・クー
「わかる。それは感じるよ」

いただきました
"ギルティ"
今、副音声では盛り上がってるんだろうなと
朝の電車で興奮していました。



テラスハウス ALOHA STATE』 20th WEEK "GUILTY SAMURAI"



もう我慢できません。
テラスハウスの話をさせて下さい。

私の見方はこんな感じです。
オンエア翌朝、
ハードディスクレコーダーからウォークマンに転送して
電車の中でテラスハウスを見ます(主音声)
家に帰ってから、副音声であらためて見ています。

今、見終わりました。
予想以上に副音声が盛り上がってましたね。
完全に"ギルティ大志"で定着してました。


#以下、副音声より.

トリンドル玲奈
「大志、ホント苦手だわぁ。変な人」
#スタジオ爆笑.
YOU
「あらためましてですよ。姫の」

副音声、ならではのコメントですね。
あとはもう ギルティ祭りでした。

ギルティ うなじ。
ギルティ フェイス(80年代風のメロディー付き)
そして、ギルティ SAMURAI。

YOU
「いいよー。そうでなくちゃ」
徳井義実
「もうね、自分の雑念を振り払うかのように」
YOU
「今、ご自分のギルティを斬ってます」
徳井
「おのれと戦ってる」

大志の背中に、ハリウッドが見えました。


基本的に、情に熱い人なんですよ。
悪い人ではないというのが前提で理解されているので、
スタジオでこれだけイジられているんだと思います。
愛されてますね。大志。

目が離せません。



---
TERRACE HOUSE
posted by ozy- at 23:22 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年05月06日

マツキヨデビュー

春になって、連続ドラマのトークをしていないことに気づきました。
今一番楽しみにしているドラマは何かなと思うと、
こちらでした。


架空OL日記』 3話
#原作・脚本:バカリズム(升野英知).



#2月21日(火) 商店街の先の洋食屋『RAGTIME』にて.

私(升野英知)
「酒木さんって、マツキヨのこと ちゃんと"マツモトキヨシ"って言いますよね?」
酒木 法子(山田真歩)
「えっ。そうだね。マツモトキヨシ って言うね」
五十嵐 紗英(佐藤玲)
「マツモトキヨシって言いづらくないですか?」
酒木さん
「いや、もう。これでなれちゃってるからね。
 …私なんか マツモトキヨシで良いよ」
小峰 智子(臼田あさ美)
「その謎の謙虚さ」
藤川 真紀(夏帆)
「ためしにマツキヨって言ってみて下さいよ」
酒木さん
「なんかヤダ」

「恥ずかしいですか?」
酒木さん
「なんかハズカシイ」
小峰様
「恥ずかしがってるのカワイイんだけど。
 お願い。一回言ってみて」
酒木さん
「なんかさ。調子にのってるみたいじゃん」
全員(酒木さん以外)
「そんなことない」
真紀ちゃん
「みんなマツキヨって言ってますよ。
 …納得いってないみたいな」
紗英ちゃん
「じゃあ(みんな)むこう向いてますよ」

「一回、一回」
全員むこう向いて(酒木さん以外)
「せーの」
酒木さん
「…」



もうね。楽しいんだろうなって、
見ているこちらもおすそ分けしてもらえるくらい
楽しそうです。
女性の中に升野さんがいるっていう、
パッと見の違和感がありますが、
そのハードルを乗り越えらた人だけが楽しめる
つくりになっています。

洋食屋『RAGTIME』には仕事帰りに集まっていて
みなさん私服なのですが、私(升野さん)はパーカー姿で、
パッと見、升野さんそのものです。
ただ、このことは今回ビデオを見返して改めて気づいたことで、
初見ではまったく違和感がありませんでした。

「個人的には好き」度が強い、愛着のあるドラマです。



---
架空OL日記
posted by ozy- at 11:28 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年04月12日

僕らのコマーシャル

“こんなんやられたらワシまいるわ”
ひたすら好きなCMを見つけたら勝手にお知らせしているコーナーです。



-2017年-
EXILE ATSUSHI&SHUN「ただ…逢いたくて」
(4/12) 今 逢いたくて


-2016年-
京都アニメーション「映画『聲の形』主題歌PV」
(9/28) 泣いたのは何度目か


-2013年-
乃木坂46「生田絵梨花×佐久間正英-予告編-」
(12/4) 僕らの足跡は続いてる


東京海上日動火災保険「思う:チームエキスパート篇」
(2/26) 忘れものはないですか


-2011年-
E-DON JAPAN「にっこりマッコリ」
(4/29) ありがとうごじゃいました


-2010年-
三井不動産販売「三井のリハウス(1999年)」 (from なつかしCM大賞)
(11/22) 時が止まった90秒


JURIAN BEAT CRISIS「サクラ舞う」PV
(2/16) サクラ舞うバス停から♪


-2008年-
エステー「脱臭炭(炭祭篇)」
(11/24) この瞬間だけは永遠に


-2007年-
福岡ソフトバンクホークス「コーチなヒトビト。」
(6/03) うお・いち・ぶぁー


NTT東日本「一人暮らしのユイ」
(2/24) 「娘はここでがんばります」


-2006年-
日本民間放送連盟「CMのCM」
(08/16) 幸せプル〜ン aada
(12/27) ♪すっとこどっこい


-2005年-
明治製菓「アーモンド・マカデミア(バイク篇)」
(2/10) チョコレートが好きな人は、いい人です。


大塚製薬「ポカリスエット(走る春)」
家庭教師のトライ「トライ@HOME(恋の始まり)編」
(3/23) 会える。あの人に会える。


WILLCOM「通話無料 枕元」
(12/4) 息づかいまで、聞こえる。


-2004年-
NTTドコモ東海「はじめてのキス」
(1/10) ファーストキス。なんちゃって aada


松尾製菓「ちょこっと勇気を」
(2/02) ちょこっと勇気を aada


NTTドコモ九州「そばにいたい」
(3/19) うまく伝える言葉を探すよ aada
(7/13) 「そばにいたい(嬉しい)」 aada


SP/『世界の中心で、愛をさけぶ 朔太郎とアキの記憶の扉
(5/03) 愛をさけぶ前に


-2003年-
殿堂入り/エリエール「君にエールを」
(5/18) ドラマはCMの中にもある
posted by ozy- at 23:59 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年04月12日

今 逢いたくて

こんなんやられたらワシまいるわ

ひたすら好きなCMを見つけたら勝手にお知らせしているコーナーです。
今年初ですね。今回はこちら。



EXILE ATSUSHI&SHUN / ただ…逢いたくて (EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT'S SHOW TIME!!”)


EXILE ATSUSHI
「この曲は、俊ちゃんと一度もライブで歌ったことがありません」

ATSUSHIがサングラスをゆっくりと直し、SHUNが短くうなずきます。

ATSUSHI
「今日、EXILE 15年の歴史で初めて、一緒に 歌わせて頂きます」

二人、同時にお辞儀をしていました。



EXILE「ただ…逢いたくて」
#作詞:SHUN / 歌:EXILE (2005年)


ATSUSHI
♪悲しい過去も 若過ぎた日々の過ちさえ
♪キミに出会えて 深い海に沈められたのに

堪えながら、何とか言葉として伝えようとしています。

SHUN
♪あの頃の僕と言えば 愛し方さえも知らずに…ただ…
♪不器用にキミを傷つけて 優しさ忘れていた。

晴れやかで、どこまでも届きそうな歌声です。

ATSUSHI
♪ただ 逢いたくて… もう逢えなくて
♪くちびるかみしめて (泣いてた。)

最後はもう、言葉にもできませんでした。
ただ、この光景を見守る多くの方にとって、
言葉にする必要はありませんでした。

SHUN
♪今 逢いたくて… 忘れられないまま

ATSUSHIはサングラスをとり、目元をゆっくり拭います。

SHUN
♪過ごした時間だけがまた 一人にさせる。

横を向いたSHUNのさわやかな笑顔。

二人の対比がとても印象的でした。



この後、本編だと
#ライブDVD、購入させて頂きました.3枚組(ドキュメンタリー盤付き)の方です.
ATSUSHIはサングラスをとったまま
本来の歌声と本当の姿で、
最後まで歌い上げました。
それはそれは、とても嬉しそうで、楽しそうでした。
見ているこちらは、おかげ様でボロボロです。





このWeb日記を始めたのが2003年5月なのですが、
ドラマ『ホットマン』の影響で主題歌を歌っていた
EXILEについて何度か話題にしていました。
何だかんだ応援していたんですね。
『ホットマン(2003年)』、『ホットマン2 (2004年)』と
今思えば、EXILEがいわゆる第一章の頃です。
私の中でですよ。EXILEといえば、歌声はATSUSHIとSHUNの
お二人なんだなとあらためて思う、そんな夜でした。



---
backCM


posted by ozy- at 22:25 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年04月01日

皆の中で 生きるのサ

どんちゃん(あ〜ちゃん)
"時々、本当にここが 私のいるべき場所なのかと 思う時がある"

木皿さん作品の根底に流れているテーマですよね。
誰もが ふと思うことを作品としてカタチにしてくれる。
見ている人にとって「今、一番 私の近くにいてくれる」
と思えるような、大切なドラマがまたひとつ生まれました。

ドラマスペシャル『パンセ』 前編
#脚本:木皿泉

のりぶう(のっち)
「いろいろさ。自分の思ってるのと違うかもしれないけど、
 でも、良い方に違うこともあると思うんだよね」

今の状況がどうしようもなくても、
この世界に入り込んでいる自分は
良い方に違う方向に進んでいける、
そう思うんです。不思議と。



---
Pensees
posted by ozy- at 10:20 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年03月22日

『カルテット』×僕らのドラマ

ここにいるよぉ




カルテット』 (2017年冬. TBSテレビ)


第1話 (1/17) いつか イオンモールで

第2話 (1/29) あの 雲の彼方へ

第5話 (2/15) ありがとう ショコラ

第10話 -最終回- (3/22) センキュウ パセリ



posted by ozy- at 20:08 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年03月22日

センキュウ パセリ

真紀さん(松たか子)が団地から走って出てきた時、
コケましたでしょ。
最終回の演出はやっぱり土井さんだなと、直感でわかりました(1.29)



カルテット』 最終話
#脚本:坂元裕二 / 演出・プロデュース:土井裕泰.



家森 諭高(高橋一生)
「パセリが、(から揚げの横に)ある時と、ない時…。
 どう? さみしいでしょ。ないと殺風景でしょう。
 この子たち言ってるよね。
 "ここにいるよぉ"って」

いよいよパセリがしゃべり始めます。

世吹 すずめ(満島ひかり)
「どうすれば良かったんですか?」

まっとうな質問です。

家森
「心で言うの」
真紀
「…センキュー、パセリ」
家森
「センキュー、パセリ」

別府さん(松田龍平)、楽しそうです。


家森
「食べても、食べなくても良いの。
 ここにパセリがいることを忘れちゃわないで」
すずめ・別府
「…あ」
すずめ
「パセリ、ありますね」
別府
「パセリ、綺麗ですね」
すずめ・別府
「センキュー、パセリ」
家森
「そう!」

そうなんだ。



もうね。
見たかったものを見せて頂きました。
ありがとう、じゃなかった。
センキュー、カルテット。



---
backQuartet Doughnuts hole
posted by ozy- at 00:00 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
2017年02月15日

ありがとう ショコラ

真紀さんの夫さんが出ていった次の日のパーティーの写真が
出るたびに真紀さんの顔を真似してきました。
だいぶ様になってきたところですが、
今回、真紀さんご本人から、そのコツを聞くことができましたね。

世吹 すずめ(満島ひかり)
「どんな顔して写真撮ったんですか?」
巻 真紀(松たか子)
「…クソやろう」

これでもう、バッチリです。
カルテットのオフ会があるとすれば
集合写真はみなさんこの顔になっていることでしょう。



カルテット』 第5話
#脚本:坂元裕二 / 演出・プロデュース:土井裕泰.



岡中 兼(平原テツ)
「では設定をご説明をしますので、質問があったら 手をあげてください」

4人同時に手をあげます。

岡中
「みなさんは 地球外生命体である戦闘型カルテットです」

4人同時に手をあげます。当然です。

岡中
「えー、その名も"カルテット美剣王子 愛死天ROO(あいしてんルー)"」

4人同時に手をあげますが、ここは無視です。

岡中
「まず、巻さんの口グセが"ありがとう ショコラ"
 言ってもらっていいですか?」
真紀
「あり が とう、ショ コラ」
岡中
「うーん、もっとアラサーっぽく」
真紀
「ありがトゥ、ショコラ」

アラサーってこんなんでしたっけ。

岡中
「いい。すごく良い」

リハーサル室のスタッフもみなさん拍手。

受け入れられてます。



岡中
「ありがとう、ショコラ」
真紀
「ありがトゥ、ショコラ」
岡中
「よろしく頼 ムール貝」
別府 司(松田龍平)
「時すでにおすし」
岡中
「君じゃない!」

何度見ても、笑えます。



こんなにも楽しいパートがありながら、
頭をかかえてうずくまりながら見ていたパートもあったりして、
アップダウンがもう大変です。
ホント贅沢な一時間です。


来週の火曜日、2月21日は巻夫婦の結婚記念日。
何かあると思ってましたが、その直前に素敵な
バレンタインプレゼントをありがとう ショコラ。



---
backQuartet Doughnuts holelast
posted by ozy- at 00:06 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2017年
2017年01月29日

あの 雲の彼方へ

家森 諭高(高橋一生)
「あの 僕がせっかくブイヤベース作ったんで
 餃子の話しながら食べるのやめません?」
巻 真紀(松たか子)
「ごめんなさい。ブイヤベースおいしいです」
別府 司(松田龍平)
「最高です」

こういう時、期待に応えてくれるのが すずめちゃんです。

世吹 すずめ(満島ひかり)
「何味が好きですか? シソとか?」
真紀
「あぁ、シソとか本当にうまいですよね」
家森
「シソなんか入れたら」
すずめ
「あ、あと棒」
真紀
「棒餃子でしょ」
別府
「おいしいですよねぇ。棒餃子」
家森
「すいません。そうやって話されると
 餃子食べてる気がしてくるんですよね」
真紀・すずめ・別府
「はい」
真紀
「ブイヤベース」
すずめ
「ブイヤベース」
家森
「言い聞かせなくていいから」

別府さん、もう完全に笑っちゃってますよ。

真紀
「餃子は、嫌い」
すずめ
「餃子は嫌い」
家森
「嫌いになろうと思えば思うほど、好きになるでしょ」

突然出てくる、真実の言葉。

真紀
「はっ。これに餃子入れたら」
すずめ
「餃子入れたら♪」

巻 鏡子(もたいまさこ)
「…楽しそうですね」

ほんとに。



すずめ
「落ちてるよくわからないモノを何で拾ってるんですか」
真紀
「これアレですよ(カーリングのストーン)。ここ持って、こうして…」

このドラマは1話のどこかで必ずコケるシーンが入ってるんですかね。
こういう小ネタって、連続モノならではですから、大切にして頂きたいです。



カルテット』 第2話
#脚本:坂元裕二 / 演出・プロデュース:土井裕泰.



今週、SPEEDの「White Love」が頭の中をぐるぐるしていたのは私だけではない気がします。

今週末、ちょっと熱が出ていたのですが、なんとか
地元の図書館のCDコーナーへ行ってきました。
"さ"行を探して、"す"の場所を見つけて
"SPEED"のアルバムが幾つか並んでいます。
よし、この街にはまだ『カルテット』フリークは
少ないようです。
1枚づつ、曲目を凝視しながら「White Love」が
収録されているアルバムを幾つか確保。
その中で、「White Love」の他に
「White Love(Christmas Standard)」も収録されている
アルバム「MOMENT(ベストアルバム)」を発見。
若干、熱がぶり返した気がしました。


さっそくSPEED「MOMENT」を握りしめて貸出カウンターへ。
しまった。このタイミングでSPEEDを借りてくるなんて、
「この人、『カルテット』の第2話を見たんだな」
と、
「影響されて、SPEED借りちゃってるんだな」
と、
わかる人にはわかってしまうではないですか。
恥ずかしい。
できれば、『カルテット』を見ていないような人が
貸出カウンターにいてほしい。
あぁ、何か若い女性だよ。
ドラマ好きなら見てるだろうな『カルテット』。
もういい。「White Love」の誘惑には勝てない。
意を決して、SPEED「MOMENT」を差し出します。
「お願いします」
風邪にやられたノドから、声がほとんど出ていません。
「はい」
あぁ、なんか顔を見られた気がする。
当然か。仕事ですし。
ちがう。緊張で声が裏返ったとかじゃなくて、
この赤くなってる顔もちょっと熱があるだけで、
決して恥ずかしいとかじゃないから。
わかって、地元のお姉さん。


何ごともなく無事借りられ、
今は思う存分聴いております。
「White Love」
明日からウォークマンで朝一番で聴く曲です。

シークレットトラックなんでしょうか。
CDの最後に「White Love(Christmas Standard)」の
カラオケバージョンが収録されていました。
当然流してみます。
テレビのリモコンをマイク代わりにして歌い出します。
かすれたノドから、声がまったく出てくれませんでした。



---
backQuartet Doughnuts holenext

posted by ozy- at 22:26 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2017年
2017年01月17日

いつか イオンモールで

やはり、圧倒的でした。

ドラマを見ているというよりも、
不思議な時間を過ごしたような、
これがきっと、かけがえのない時間になるのでしょう。


カルテット』 第1話
#脚本:坂元裕二.


ずっと続いている浮遊感。
着地しそうになると、ふわっとまた舞い上がって、
宙に浮かんでいる。
1箱1,600円の紫式部のように。

突然、訪れる緊張感。
あの、坂元裕二さんが、帰ってきました。

おかえりなさい。



---
Quartet Doughnuts holenext

posted by ozy- at 23:28 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2017年