2017年08月19日

みづきありさー

なづな(広瀬すず)が「瑠璃色の地球」を歌い始めた時、
“打ち上げ花火”から解放されたような気がして、
純粋に嬉しかった。




打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
#原作:岩井俊二 / 脚本:大根仁 / 総監督:新房昭之



1993年8月、原作のドラマを 私はテレビで見ていた。
圧倒されたのは、この作品が持つ“新しさ”だった。
画面には知らない子供たちが走り回っていた。
#典道(山崎裕太)はあっぱれさんま大先生でおなじみだったが.
その中で見つけた、なずな(奥菜恵)という きらめき。
そして岩井俊二という存在。
「if もしも」で言うところの、私はこの夜
“打ち上げ花火”のある生活を選択したのだ。



今回のアニメ版は原作への想いの強さが伝わってくる。
ただ、原作の良さである“新しさ”はあまり感じることなく
終わるのかと思っていた。
典道(菅田将暉)となづなが電車に乗るまでは。

車内でなづなが歌い始めた。
その歌声を聞きながら我々が感じた、
何とも言えない フレッシュ感覚。
あの時の緊張感は、原作をこえていた。

アイドルを目指す全ての少年少女が
同じような経験をして上京していると思いたい。



---
backCINEMA
posted by ozy- at 21:52 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: