2020年04月21日

みらいへ

江月 夕子(竹下景子)
「何があっても生き抜いてください。
 きっと良いことが待っているから」

テレビドラマには人にエールを送る力があると
私は信じています。



70才、初めて産みますセブンティウイザン。』 第3回“ねえ、本当に僕の子どもなの?”



江月 朝一(小日向文世)
「俺もだよ夕子。
 俺も、生まれてきて良かった」

さらっと言えちゃうところが素敵ですね。

人生を重ねたからでしょうか。
人の親になったからでしょうか。
もうね。ダメですね。
何度見返しても、じんわりしてしまいます。


音楽が村松崇継さんなんですが、
「いのちの歌」が流れてきます。
もう、ダメでしょう。
富士と月見草のように、
このドラマには、この歌がよく似合います。
『透明なゆりかご』のエンディングで流れていた
Chara「せつないもの」の時もそうでしたが、
最後に毎回、泣かされています。
ダメです。



---
seventy-uizan
posted by ozy- at 22:27 | 千葉 ☁ | aada coda iu(0) | 2020年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: