2017年10月15日

内面から美しく

伊佐山 菜美(綾瀬はるか)
「落合さん(高岡早紀)ね。大人の色気がすごくて、
 私もあんな風になれたらなぁーって」
伊佐山 勇輝(西島秀俊)
「…ああぁ」

声を発するまで、2秒くらい間がありましたけどね。



奥様は、取り扱い注意』 エピソード02 「着付け教室」
#原案・脚本:金城一紀.



勇輝
「今でも十分 色っぽいけどな」
菜美
「…ん? 誰のこと言ってるの?」
勇輝
「君のことだよ」
菜美
「…フッ。どのへんが?」

立ち上がっちゃったよ。

勇輝
「どの、…全体的にかな」
もう、どことか言えないわけですよ。
菜美
「嘘でしょ。だって生まれてこのかた
 色っぽいとか言われたことないもん」

喜びをおしころそうとしてますが、感情があふれ出てます。


勇輝
「色気の感じ方は 人それぞれだからね。
 わかりやすい色っぽさが好きな男もいるし、
 僕みたいに 何気ない時に ふと垣間見るしぐさなんかに
 色っぽさを感じる男もいる」
菜美
「じゃあ、たとえば。私のどんなしぐさに色気を感じるの?」
勇輝
「…ん?」

考えてる考えてる。

菜美
「ん?」
勇輝
「たとえば!」

思わず声が大きくなってますよ。

勇輝
「名前を呼んで振り返った時に、
 君はまず僕の目をじっと見た後に
 “なに?”って聞くんだ。
 その まなざし が色っぽいかな」

絞り出しました。

菜美
「じゃあ、ちょっとやってみるね」
勇輝
「えっ」

まぁ、そうなりますね。
立って背中を向けるわけですよ。

菜美
「早く名前呼んで」

勇輝さん。そんな顔しない。


勇輝
「ナミ」

振り返った。めっちゃ見てる。

菜美
「・・・なに?」


ためたなぁ。
勇輝さん、がんばって。


菜美
「どうだった」
勇輝
「色っぽかったよ」

食い気味で。


菜美
「これからはどんどん後ろから名前呼んでね」
勇輝
「うん」


毎回 これ されると思うと、もう呼べない。



---
okusama
posted by ozy- at 23:45 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | 2017年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: