2018年01月29日

たとえ話が過ぎる

池江 里子(恒松祐里)
「係長、これ チェックして頂けますか?
 とくに問題なければ、こちらに判の方、よろしくお願いします」
北沢 秀作(山田涼介)
「わかった」


秀作/心の声
“こ、これは!”
この2度見の素晴らしさ。
彼女もわかりやすい動揺っぷり。
良いです。



もみ消して冬 わが家の問題なかったことに』 第3話



#資料と一緒に添えられた手紙より
係長へ

今度 尾関さんと
鍋を食べに行くんですけど、
係長もご一緒にいかがですか?

池江 里子

係長印
 □


便箋が花柄です。


秀作/心の声
“警視庁刑事総務課という厳正なる職場、
 勤務時間中の張りつめた空気の中
 仕事上の書類に見せ掛けて
 プライベートな文章を紛れ込ませる大胆な手口”

さすがの状況把握力です。


秀作/心の声
“間違いない。
 彼女は僕の身体から放たれる
 犯罪という名の色気に引き寄せられている”

思考の方向性は犯罪者ですけどね。

ものすごい真顔で判子を押してました。



あとね。後半のカレーのクダリですよね。

北沢 泰蔵(中村梅雀)
「どうだ?」
秀作
「・・・美味しいです」

このドラマで泣かされるとは思いませんでした。


小岩井 凛治(浅野和之)
「この度は、ありがとうございました。
 20年前と変わらぬ美味しさで」
泰蔵
「さぁ。なんのことやら」

参りました。



さらには、次回(第4話)予告で見た姉さんのツッコミ。

北沢 知晶(波瑠)
「恵方巻、食ってろ!」

どんなシチュエーションなんでしょうか。
オンエア時期(2月3日)もピッタリ。楽しみです。



---
momifuyu
posted by ozy- at 22:34 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | 2018年冬
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: