2019年05月21日

毎日がスペシャル

私事で恐縮ですが、昨年結婚しました。
前回の日記(5.19)に突然、奥さんを初登場させてましたが、
この日記の存在も奥さんに話しているので、見ているかどうかは知りませんが、
ひとまずここに書き記します。


結婚とか親の見送りとか、人生がわかりやすく変わると、
子供の頃から聞いていた歌の印象というのも変わるものですね。
竹内まりやさんを劇場で観ながらジンジンと実感していました。





souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜



『家に帰ろう (マイ・スイート・ホーム)』では、
こんなことを奥さんは思っているのかなぁと心温まっているところに、
『カムフラージュ』では歌の物語に入り込み過ぎて、
不安な気持ちでドキドキが止まりません。

スクリーンの中で竹内まりやさんが歌っているのですが、
観ている私達は竹内まりやさんの向こう側の、その歌の世界を見渡しているような。
『駅』のイントロが始まって、曲の全てが終わる頃にはひとつの映画を観終えて
せつなさに打ちのめされている私がいました。


竹内まりやさんと山下達郎さんの関係性は昔から私の理想なのですが、
この映画でひとつのヒントをもらえました。
竹内まりやさんが達郎さんのことを一言で表すなら
“大親友”
という話されていて、あぁ、やっぱり
仲の良さ
が、惹かれていたんだなと、妙に納得して、嬉しくなっていました。

なんていうか、私も仲良く過ごしたいと思います。



---
backCINEMA


posted by ozy- at 21:11 | 千葉 ☔ | aada coda iu(0) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: