2017年06月21日

名探偵と魔法使い

架空OL日記』が終わって、
ある程度の喪失感を覚悟していましたが、
今のところまだ大丈夫なのは、
このドラマがあるおかげです。



デリバリーお姉さんNEO』 第9話「あの頃といま頃と」
#脚本:三浦直之 / 演出:松本壮史



バリー姉さん(望月綾乃)
「どう? 順調?」
中華鍋でチャーハンを炒める北橋君(板橋駿谷)
「っしゃっ! っしゃっ! 」

回想の中の北橋店長はロン毛を通り越して
聖子ちゃんカットに近いものがあります。


バリー姉さん
「チャーハンを炒めるってことは、
 心を痛めるってことになる。
 もっと痛がって。胸を痛めながら、
 痛みかかえて!」
北橋君
「っっあい!
 ッチャー! ッチャー!」

気合の掛け声も、チャーハンにより近づいてきましたよ。
さすがです。バリー姉さん。



カウンターで眠ってしまったバリー姉さんの肩に
そっと毛布を掛ける北橋君

マコ(木竜麻生)
「これって」
エリー(岩井堂聖子)
「絶対そうだよ」
悪い女の顔してます。

マコ
「店長って」
エリー
「バリー姉さんのこと好きだったでしょ」
コントみたいに うろたえる店長。

エリー
「わかりやすいね 店長は」
マコ
「わかりしかしかなったです」

今、新しい言葉が生まれました。



私の好きなドラマって、
その人達が暮らしている空間そのものが
じんわり好きになっているんですよね。

なので、少しでもその世界に触れていたくて
その街に行きたくなったり、
流れていた音楽を日常のなかでも聴いていたいんだと思います。

ドラマの最後に流れる主題歌
江本祐介さんが歌う「願いに星を」のCD化をぜひお願いします。
#「願いに星を」作詞:三浦直之 / 作曲:江本祐介


主題歌が終わって、
次回予告が流れた時、
嬉しくてちょっと泣きそうになりました。
今回の内容があまりにも最終回っぽかったからです。
あぁ、また来週もこの世界観が新しい物語に触れられると思うと、
嬉しくて、朝の通勤電車の車内で、ちょっとグッと来てました。
#録画番組をウォークマンに転送して通勤中に視聴しています.

放送されているのがTVK(テレビ神奈川)なので、
このドラマの話をしても今のところ知っている人がひとりもいませんが、
いいんです。好きなんですから。

いつまでも見ていたいドラマです。



---
Delivery NEO
posted by ozy- at 23:39 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2017年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです