2016年10月18日

ふたりで越えてゆけ

森山 桜(富田靖子)
「仕事っていう幸せもあるとは思うけど、私は嬉しかったな。
 みくりが結婚する って聞いて」
森山みくり(新垣結衣)
「…、」

「幸せになってね」

この切なさを、みくりさんは背負っていくことになるんですね。

両親に対して嘘をついている。
両親との仲が良ければ良いほど、苦しくなる。
良い子なほど、後ろめたさは大きいはずです。

部屋でひとりになって家事をしている時、ふと
これで良かったのかという疑問が浮かんでしまうかもしれません。

ドラマに描かれない時間まで考えてしまい、キュンとなる。
そんな火曜の夜です。



逃げるは恥だが役に立つ』 第2話



みくり
"絶対に言えない。
 …すぐ側で一緒に寝ているようで"
津崎 平匡(星野源)
"甘い香り。
 …すぐ側で一緒に寝ているような"

心の声を交互にやりとりする構成。
近くにいるようで、遠い存在。
絶妙なタイミングで流れてくる主題歌。
音楽に合わせたカット割り。
ここだけ完全に 新海誠監督作品【君の名は。】でした。



---
backWe married as a job!next
posted by ozy- at 23:54 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2016年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


逃げるは恥だが役に立つ  第2話  *感想*
Excerpt: 番組HP 面白かったわぁ。 前回がプロローグで今回からが本編といった印象。 ガツンと力を入れて本編に挑んできた印象を受けたよ。 それにしても、色々と入れてきたねぇ。 みくり(新垣結衣)と津崎(星野..
Weblog: Lee's Diary
Tracked: 2016-10-26 07:44