2005年11月29日

弟のかがみ

病院の庭で二人、ベンチに座っていました。

勇太郎(森山未來)
「…なに?」
見てる。缶コーヒーを渋い顔して飲んでる勇太郎の横顔をギューと見てるよ。

愛(榮倉奈々)
「なんか勇太郎さん変わりましたね」
頂きました。愛ちゃんスマイル。
ついに来ました。弟ブーム。
ここで重要なのは姉を持つ弟、ですよ。
私もね、そりゃもう傍らにあったヤクルトを
渋い顔してグイグイ飲みますよ。
来たわけですから。弟ブームが。


危険なアネキ』 第7話


嬉しそうな勇太郎
「えっ! そう、どこが?」
聞いとこ。聞いときましょう。



「まえは寛子さん(伊東美咲)否定してばっかりだったけど、
 今は何となく認めてるっていうか」
何となく認めなくちゃいかんのか。
私も姉二人もいるけど、よし。この際いたしかたない。
認める。認めようじゃないか。



「この前のスピーチ、かっこよかったですよ。じゃあまた」
ああ、笑顔がまぶしい。今でいうところの、まぶい。まぶいぜ。


勇太郎
「いや、だまされるな」

姉を持つ弟にとって、何よりも発達する能力、
それは冷静な目だ。
それでこそ、それでこそ、われら弟の代表。
勇太郎ジャパン。




---
back危険なアネキlast


posted by ozy- at 00:25 | 東京 🌁 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです