2005年11月27日

ようこそ放送部へ

修二(亀梨和也)
「放送部?」
よっしゃあー。放送部!


彰(山下智久)
「俺も放送部はーいろっ」

来た。来たよ。
冬のソナタ』以来の放送部ブームが。


野ブタ。をプロデュース』 PRODUCE 7


放送部部長
「それじゃあ今日は、全国高校生放送コンクールの出品について話し合います」
出た。Nコン。
#NHK杯全国高校放送コンテストの愛称('04.8.27)

懐かしいですね。あのボツボツ穴の開いた放送室。


#申し訳ありませんが,本日は元放送部のノスタルジックトークでお送りします.


信子(堀北真希)
「す、隅高(隅田川高校)ランチタイム放送です」
うぉー、“お昼の放送”がテレビ放送になっとるー。
いいないいな。
私の頃は音声のみの校内放送でしたよ。
ただ、お昼の放送中は部員が放送室に集まるんですよね。
曲が流れてる間に、ゴハン食べたり青春トークしたりして、
適度に緊張してる分、みんな妙にテンションが高くてね。
楽しかったですよ。



コンクール作品のテーマは
“私の好きなもの”
修二と信子が考える私の好きなものは
“それでもあきれめきれないもの”でした。

放送部部長
「小谷さん、引き続きがんばって」
部長ナイス。見たかったなぁ。あの続き。



彰(山下智久)
「コン、コン、テスッ。…
 ではでは、そんなノブタのために歌います」
あぁ、歌った歌った。
下校の時間で流した藤井フミヤ「TRUE LOVE」を
一度マイクオンにして歌いましたよ。
甘酸っぱいね。



---
back野ブタ。をプロデュースlast
posted by ozy- at 00:12 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


野ブタ。をプロデュース(第7回)「女を泣かす男」
Excerpt: 視聴率は16.1 →14.9 →17.0→ 16.4 →17.1→ 17.7%と上昇基調。信子(堀北真希)の笑顔が増えるたびに数字が上がって行っていると思う。 今週は杉村春子との対決。30分遅れ..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-11-27 04:41