2008年05月24日

きれい言

堂本灯(上戸彩)
「最初に会った時、気付けなくてごめん。
 折本君(染谷将太)から、話を聞きたいんだ」


誰にも言えずに苦しんでいる時、
そっと聞いてくれる人がいる。

本気で知りたがっている人。
話をしたかったんだと思う。
誰かに聞いてもらいたかった。
楽になろうとか、救われようとか、
そういうんじゃなくて、
このあふれんばかりの気持ちを
ただ外にはき出したかったんだ。


この人は、真っ正面から受けとめてくれる。
そう思える人に出会えたことが、
きっと希望につながっているんだと思う。


ホカベン』 第6話


堂本灯
「誰も楽になんかなってない。
 …苦しいって、言っていいんだよ」


ドラマだから語ることができる真実がある。
物語だから、伝えられるメッセージがある。

ドラマらしいドラマです。




---
ホカベン

posted by ozy- at 00:18 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです