2008年03月29日

太陽の子

和田喜代美(桑島真里乃)
「お祖母ちゃん(江波杏子)初めまして、喜代美です」

あぁ、回想シーンに入りました。
もうすでに涙が…。


和田糸子(和久井映見)
「喜代美が笑ってくれますようにー」

お母ちゃん、


糸子
「どうしよう。間違ごうて財布投げてしもうた」

お母ちゃん、お母ちゃん…。



ちりとてちん』 最終週 「笑う一門には福来たる」



喜代美(貫地谷しほり)
「小浜出る時…、ひどいこと言うて、ごめんな」


みんな持ってます。
親に言ってしまった取り返しのできないひと言。
傷つけてしまったひと言。
一緒に住んでる時は、近すぎて、どんだけ甘えていたか。
いつか気付くんです。わかる日がくるんですよね。


喜代美
「私、お母ちゃんみたいに…」


人の心をふわぁーっとあったかくさせる
でっかいでっかいおひさまみたいな人に
なってください。



おめでとう。
そして、またのお越しをお待ちしております。



---
backちりとてちん

posted by ozy- at 21:54 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです