2018年01月03日

526メール

内容はなるべく知らずに映画は観たいと思っています。
予告編も公式ページもなるべく見ずに今回も映画館まで来ました。
観終わった後に、
「この時間、この映画館で観るような運命だったんじゃないだろうか」
と思うことが時々あって、結局
毎週のように映画館に来ているわけです。





8年越しの花嫁 奇跡の実話
#原作:中原尚志・麻衣 / 脚本:岡田惠和 / 監督:瀬々敬久.



映画館は結構混んでいましたが、
なんとか通路側に1席確保することができました。
隣の2席には高校生くらいの女の子とその母親でしょうか。
上映前に間に合ってホッとしたように座りました。
親子で映画を観る。
小学生の頃、母親と観た映画【ビルマの竪琴】をふと思い出しながら
上映前の予告編を眺めていました。
#参照日記「そんな朝の風景」('06.4.8)


映画の中盤くらい、
主人公たちの苦しい状況が続く中、
私の隣に座っている娘さんが向こう側に座っている母親に
全身を預けて寄り添っている様子に気づきました。
母と娘って良いなと、映画とは違ったところで心が温まります。



この話がこういう展開になったら、泣いちゃうな
泣くだろうなと先読みしながら、涙をぐっと堪える
というテクニックを身に着けていると自負しています。


ああぁ。そうだよな。
そうそう。やっぱり、そうこなくっちゃとシミジミしていたら、
隣の娘さん、少し呼吸が苦しそうなくらい泣いている気配がします。
悪いなと思いながらも少し横を見てみたら、母親がハンカチを
娘さんにそっと手渡ししている風景がありました。
お母さん、あきらかに娘よりも泣いています。
そんな姿をこんな至近距離で見せられた日にゃ、
テクニックもへったくれもないですわ。
そこからもう、私は遠慮なく号泣です。
嬉しい方の涙です。気持ち良く、最後まで首泣きさせて頂きました。
#「首泣き」首筋まで涙が流れること.


直近の首泣き映画に【くちびるに歌を】('15.2.28)という作品がありました。
その時の日記でも話しましたが、このWEB日記、今年で丸15年です。
同じページに40歳の私と26歳の私の話が入っています。
口調や表現方法は年齢によって変化していると思いますが、
考え方はあまり変わってない気がしています。
その時代のトレンドみたいなものは日記からつかみにくい作りに
なっていますが、これからも好きな作品について話していくスタンスは
このままで、2018年もほどほどに続けられたらなと思っています。
そんなわけで、今年もひとつ、よろしくどうぞです。



---
backCINEMA
posted by ozy- at 11:47 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: