2008年02月09日

宝もの

徒然亭草若(渡瀬恒彦)
「若狭(貫地谷しほり)、お前ほんまにおもろいなぁ」


おもろいってのは、真面目な人がまっすぐに真剣に
生きている姿なんですよね。そんな人のちょっとした
ズレに気付いた時、まわりはついつい笑ってしまいます。


笑われた本人は何のことかわからないかもしれませんが、
まわりに笑いがおこることで、空気がなごむところがあります。

お母ちゃん(和久井映見)を見ているとわかりますね。
なごませ上手です。



ちりとてちん』 第19週 「地獄の沙汰もネタ次第」



まわりにおもろい人がいる。
それは何よりも幸せなことだと思います。



草若
「お前は、落語の世界から抜け出してきたような子や」


周りにそれをおもしろがってくれる人がいる。
ちょっとした失敗にも怒らずに笑い飛ばしてくれる人。
心に余裕があるんですね。そういう人に私は憧れます。



---
backちりとてちんnext

posted by ozy- at 10:52 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2008年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです