2005年10月08日

『白線流し』答辞

七倉園子(酒井美紀)
「なんでかな。長谷部君には何でも話せちゃう」
長かった。長かったけど、ようやく
長谷部君(柏原崇)の時代が来たよ。

長谷部優介
「ホントはね。…七倉に会いたいから来たんだ」
いいんだよ。それでいいんだよ。
今の七倉を救えるのは君だよ。


卒業式。
七倉先生、白いハンカチ持ってきてたのね。
流したかっただろうなぁ。

長谷部
「園子らしいな」
あぁームズムズするぅ。この嬉しムズムズ。
いいなぁ、この二人。


まどか(京野ことみ)
「すごい、祐介。粘り勝ちだ」
友達ですね。長年の。
でもこの報告を聞いて、ちょっと淋しいのはなぜだろう。


園子
「ごめんなさい」
そうかぁ。でも、なんだろうね。
最初は嬉しくてたまらなかったのに。
ノドの奥に、うん。なんか引っかかってた。
嬉しいはずなんだけど。
こんな気持ちで終われないよ。

長谷部
「そういえば俺、高校の時もここで」
男だ。
こらえろ。こらえろ。
ozy-はこらえきれないけれども。




白線流し 〜夢見る頃を過ぎても


天文部部室にて。
『七つの星の話』橘冬美(馬渕英里何)
ちょっとだけ読んだ園子
「これ、何だか…」
気になるー。
やっぱり七つって、七人?

園子
「思い出ってやっぱり宝物だし、財産だし。
 ようするに吹っ切れてなかったってことかな」
吹っ切れねぇ。いつまでも吹っ切れねぇね。

まどか
「みんな流しきれてないね」
流しきれねぇね。

長谷部
「こういうことは参加しておかないとさ」
長谷部このヤロー。


言い忘れてましたが、部室のシーン。
ずっと泣きっぱなしでした。


小川天文台にて。
園子ナレーション
「これから始まるお話は、広い広い宇宙の片隅に
 ぼんやり見えるくらいの七つの星たちの話です」

あぁ、始まった。回想シーン。
一週間前に映画『蝉しぐれ』(10.1)でさんざん
岩代太郎さんの音楽に泣かされましたけどね。だめだわ。
ガンガンに流れてます。


そのままのありのままの姿を見せられる。
隠しても隠そうとしても、わかっちゃう。
いつまでもどこか変わらない仲間で、
これからもいてほしい。


10年間、ありがとうございました。





---
back白線流し


posted by ozy- at 02:11 | 東京 ☔ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです