2005年10月08日

『白線流し』送辞

#10月7日(金)21時過ぎに書いたメモをそのまま写します.


よりによって、ここで再会!?


えぇえぇ、まず言っておかなくてはなりませんね。
今夜オンエアのやつじゃないよ。
白線流し〜二十五歳』だよ。初めて見ただよ。




関東平野は今週濃かった。白線流しウィーク。
『19の春』から毎日『白線流し』SP再放送でしたから。
家に帰って毎日2時間見てました。


今日は追っかけますよ。
今、オンエアしている『白線流し 〜夢見る頃を過ぎても』も
これ書いた後見ます。HDDレコーダーの追っかけ再生バンザイ。
今日は2時間+最終回2時間半+番宣1時間で計5時間半。濃いね。
濃い、濃い一週間。熱い熱い10年間。

同世代ドラマ。まさに僕たちのドラマ。
10年前、同じ高校時代を過ごした僕たちのドラマが
あと数時間で終わるんですね。


正直、『白線流し』は見るのがつらかった。
特にSP。重いんです。なんでかわかりますか。
恥ずかしいんです。自分達を見ているようで。
自分達が悩んでもがいて歩んできた道を彼らもまた
それ以上にもがいている。前回のSP『25歳』はついに
見ることもできなかったんですよね。
今日、ようやく見ることができました。
覚悟のようなものでしょうか。
終わる。
終わってしまう、僕らのドラマ『白線流し』の
最終回を見る前に『25歳』はどうしても見ておきたかった。
フジテレビさん、ありがとう。


それじゃあ、見るよ。
これから最後の『白線流し』





---
白線流しnext






追伸。

『白線流し 25歳』をどうして見ていなかったのか。
過去日記を検索したら、オンエア当時の出来事が書いてありました。
#2003年9月6日のすいか日記「Bar泥舟バイト希望

なんてことはありません。
ビデオで録ろうとして、録ったつもりが
チャンネルを間違えただけでした。
記憶というのは、人間の都合のいい方に
すり替えられていくものなんですね。
勉強になりました。


日記は長く続けていくものですね。
あらためて、この2年半の厚みを感じました。






posted by ozy- at 01:50 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです