2007年12月22日

親の気持ち 息子の気持ち

徒然亭四草(加藤虎ノ介)
「僕も人をどついてしまいました。…」
くー。


徒然亭草原(桂吉弥)
「私もどついてしまいました。…」
草原兄さーん。


徒然亭草若(渡瀬恒彦)
「お前ら、なにしてんねん」

青春や。



草若
「ちっとは、親の気持ち 考え」

私も泣かせて頂いてます。思いっきり。気持ちよく。
今日が休みでホントによかったです。



ちりとてちん』 第12週 「一難去ってまた一男」



私事ですが、今年30歳になってはじめて実家を出ました。
今月引っ越して、ようやくインターネットもつながり、
ひさしぶりのドラマ日記となりました。


今日、両親と会ってきました。
家を出てからまだ一ヶ月も経ってませんが、
息子の顔を見て安心したようで、笑顔で別れました。
駅の改札で親を見送っていると、私の頭の中で
コブクロの「蕾」が流れてきました。
#『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (第一章)より.

なんかほろっとしてる今の自分に、
上沼さんのナレーションでつっこんでほしいと思いました。



---
backちりとてちんnext


posted by ozy- at 19:47 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2007年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです