2005年09月14日

「空っぽだ」

山崎一志
「なぁ野宮。人生って何なんだろうな」
野宮匠
「さぁな。わかったら真っ先にお前に知らせるよ」

私にも。


聞こえる、聞こえる、車輪の音。


ハチミツとクローバー』chapter.21


真山
「先生。竹本のヤツもしかして」
花本先生
「あぁ。俺も今、ピンと来た」
キタキタ。モゾモゾ。
あぁ森田さんにはわからないのね。

森田
「なんでわざわざ竹本は自分を探す必要があるんだ。
 自分は自分じゃないのか」
悟ってました。


全員で
「えっ、7回!?」
花本先生。いえ、花本先輩!!

森田
「はーい。先生は自分探しで自分を見つけることができたんですか?」
それそれー。

花本先生
「解散っ!」
あぁー。

でも竹本君が花本先生にひかれてる理由がわかりました。
先輩だったんですね。我々の。
#我々:チームT(TAKEMOTO)


真山
「ヤツは酒も煙草もパチンコもやりませんからね。あと麻雀も」
花本先生
「そして女もいない」
先輩、私にも刺さりました。
森田さんにはわからないのかな。

森田
「えっ、そんな無茶な。魔物にあっさりやられちまうよ」
わかってくれました。
若干のズレはこの際なしで。





---
backハチミツとクローバーnext


posted by ozy- at 22:50 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです