2007年11月10日

幸せ江

#映画を観た直後に書いたメモ帳をそのまま写しております.



1998年『ハルモニア』で中谷美紀は堤幸彦監督と出会い、
2000年『トリック』で阿部寛が堤監督と出会ったのは、
この映画をつくるためではないかと思った。
業田良家のこの世界の住人になるために。



自虐の詩
■2016年12月25日(日)19:00よりBS-TBSでTV上映start.


すがすがしい。心地良い涙を流した。
純愛である。青春である。
不幸である。幸せなのである。


映画化決定の知らせを聞いてから、ずっと期待して待っていた。
観始めて数分でそんなちっぽけな気持ちはどこかへすっとび、
自虐の世界に入り込んでいた。住人になっていた。


6番スクリーンを後にして、はりついた涙をぬぐって、
映画館の売店でパンフレットを買った。
「自ギャグの詩をひとつ」
どうしても言ってしまう。
#伊集院光さんの深夜ラジオ「深夜の馬鹿力」名作コーナー名.



---
backCINEMAnext




-テレビ放映歴-

2013年夏
8月13日(火)13:25よりテレビ東京


posted by ozy- at 23:33 | 東京 🌁 | aada coda iu(2) | track back(0) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
こんにちは、映画『自虐の詩』宣伝スタッフのものです。映画をご覧くださってありがとうございます!
「自ギャグの詩をひとつ」にぷぷーと笑ってしまいました。。スイマセン!
こうして感想などを拝見しますと、宣伝スタッフも苦労がふきとびます。本当にほんとうにありがとうございました。

Posted by jigyaku_movie at 2007年11月13日 10:52
jigyaku_movieさん、いらっしゃいませ。
映画を観終わった直後に、何も考えずにガッと
メモをとったものですが、喜んでいただけたようで、
こちらも嬉しいです。
メモ帳の内容をパソコンで入力してアップしている時は、
なんでこんなこと書いてるんだろうと、我にかえることも
ありますが、その辺りは今年5年目のご愛敬ということで
ひとつ、よろしくお願いいたします。
Posted by ozy- at 2007年11月16日 00:11
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです