2007年11月05日

底抜けに、愛。

緒方奈津子(原沙知絵)
「料理やな。なんやかんや言うて 男は、
 料理のうまい女んとこにいく」

奈津子さんの言葉には重みがありますね。


奈津子
「肉じゃがなんか、肉じゃがなんか…」
奈津子さん?
買ってきたお総菜の酢豚がフォークでズブズブですよ。


奈津子
「恐竜の化石の話があやしい」
こっち来た。


奈津子
「しゃあしゃあと男まで持っていこうやなんて。
 これやから肉じゃが女、肉じゃが女…」

肉じゃがになると微妙に話がすり替わっているような。



ちりとてちん』 第5週「兄弟もと暗し」



野口順子(宮嶋麻衣)
「アンタもしかして、側におったらいつか振り向いてもらえるぅ
 とか思っとんのとちゃうやろね」

さすが順ちゃん、なんでもお見通しや。



和田糸子(和久井映見)
「アンタが大阪で一生懸命やっとんのに、わざわざ心配させる
 ようのなこと言うて、どうになるんや」

それぞれの場所にはそれぞれの事情があるんですよね。



和田喜代美(貫地谷しほり)
「あ〜あ、五木ひろしでも歩いとらんかな」
ビーコ、うしろー。
#「志村うしろ」の要領で.


順子
「アンタ待っとる間に、ちょっとそこに文房具でな」
さすが順ちゃん、しっかりしとるわ。



野口松江(松永玲子)
「鯖を、ガッと開いて、グッと串刺して、ボッと焼くの。
 ガッとして、グッとして、ボッ」

テンポがいいですね。さすが順ちゃんのお母さま。
あれ。順ちゃん、そんなに自分を責めんといて。



和田友春(友井雄亮)
「ビーコやないけ!」
あー、やっぱり白のセーター、肩に羽織っとる。


友春
「よし、結婚しよう」
性格も変わっとらん。
嬉しくなっちゃいますね。友春さんが出てくると。
喜代美の様子を見てると…、どうも逆らしいです。



語り(上沼恵美子)
“クチが悪うて アホやけど、ずっと私を思ってくれてる
 友春さんが、ちょっとだけかわいらしゅう思えました”

ようやく、わかってくれますか。


語り
“もしもこの人の言う通り、結婚してたら
 どないなってたやろうか”

やったー。妄想モード突入です。
うんうん、やっぱり社長といえばヒゲですわ。



---
backちりとてちんnext
posted by ozy- at 00:05 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2007年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです