2007年09月09日

キラキラブー

#前回(第八話)より.


池上隆子(多部未華子)
「そっか。御村君はこのこと知ってたから、
 みんなをとめなかったんだ」
御村託也(櫻井翔)
「いや、知らなかったよ」


この時のさみしそうな顔。私も同じような気持ちを
抱えたまま、ずっと見守っていました。
家というのは、帰る場所であり、今まで暮らしてきた
思い出もつまった場所。
家は家族そのものなんだと思います。

これまで精一杯に暮らしてきた家を離れ、
大きな豪邸に移り住むことになる。
家族はみんな喜んでいる。
長男としては、家族の喜ぶことをしてあげたい。

でも、それでいいんだろうか。
今まで楽しく暮らしてきた生活や、妹や弟がこの家で
育ってきた時間が過去の思い出として忘れ去られてしまう
のではないだろうか。
そんな気持ちを抱えたまま、
この2週間を過ごしていました。


山田太郎ものがたり』 第九話


隆子
「私だけ行ったら、なんか突然がっついてるように
見えるでしょ」

こういうちょっとした時に見せる本性がキュートです。


永原眞実(吉沢悠)
「僕の研究室に来るように伝えて下さい。いいですね」
鳥居京子(吹石一恵)
「はい。しゅいましぇん」

動揺しすぎて、言えてませよ。


山田太郎(二宮和也)
「なんかね。今日は帰りたくないんだ」

これはね、太郎もよくないです。
乙女に対して、その上目使いはキケン過ぎます。


池上まりあ(柴田理恵)
「みんなでご飯食べて」
池上龍之介(六平直政)
「パパのおならが 家のどこにいても聞こえて」

家族の幸せ、ですよね。
当たり前に一緒にいる人と、いつも通りの生活をして、
明日も同じような一日を過ごす。おならはちょっとクサいけど。


山田綾子(菊池桃子)
「私は、家族が笑って暮らせるほうがいい」

つらいこともあるし、楽しいこともある。
そんな一日だったり、一瞬だったりを同じ場所で、
同じように分かち合える。


太郎
「あの家はもう、せますぎる」

いつも一緒にいた人がある日突然いなくなったり、
当たり前だった家を引っ越すこともある。
同じような日なんて、一日もないことに
いつか気付くんです。


山田次郎(鎗田晟裕)
「やっぱ、アンちゃんのご飯の方がいいや」

それでも一緒にいたい。
いつか離れていくかもしれないけど、
そんなことも吹き飛ばしてくれる
家族の笑顔がそこにあるから。


山田和夫(松岡充)
「何も言わないでさ。お前ひとりで悩んでる方が
 よっぽどわがままだよ」

支え合っていく。
一緒に悩み、わかりあって、最後はみんなで笑いあう。

それが家族だと思う。


---
back山田太郎ものがたりlast

posted by ozy- at 01:04 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2007年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです