2007年08月08日

荷馬車は揺れる

真野統平(小出恵介)
「こういうのってさ、一人より二人の方が頑張れるだろ」
あぁ、あんまり優しくするとヤキモチやく人が


千葉和美(戸田恵梨香)
「三人よ」
アター。


LOVEが絡んでくると、俄然やる気がでてくる私です。


牛に願いを』 第6話


若松亮太(中田敦彦)
“I LOVE 百合ちゃん”
こっちもLOVEが咲いてますよ。


高清水百合(有村実樹)
「んー、UFO友達」
Stand UP!!』の時もそうでしたが、
脚本家の金子ありささんは宇宙人が好きなんだと思います。



回想:末永美帆子(香里奈)
“好きなら好きって言えばいい。
 そしたら結果は後からついてくるんだから”


あぁ、ワラを使って『スキ』って。


真野
「何やってんの」
わー、まぶしい笑顔でこっちに来ますよ。


真野
「それ、なんで…」
ドキドキドキドキドキ。


真野
「よっぼど好きなんだな」

アター。


“LOVE”



高清水高志(玉山鉄二)
「急にハリキリだしたの、理由があんだろ。藤井なりに」
これは嬉しい言葉なんじゃないでしょうか。
見ていてくれてる。わかってくれている。


藤井彩華(相武紗季)
「末永さんが…」
彩華にとって、末永のこの言葉もグッと来たと思いますよ。


高志
「だから藤井だけじゃなくて、みんな色々あって。
 それぞれ、駄目なんだよな…」
あー、このはにかんだ横顔はキケンです。


彩華
「私はそうは思いません。絶対に」
よく言った。



寺西悠太郎(小日向文世)
「君たちにはありのままを見てほしい。
 今、酪農家が直面している現実全て」

ここに、このドラマの存在意義を見ました。


“&Farm”



真野
「俺のせいで」
この牛の母親と子供が全てのはじまりでした。


彩華
「私達で ちゃんと育てるから。約束だから」

現実を受けとめ、ひとつひとつ経験して、
僕らは生きていく。




和美
「どこかで聞いたことがある。
“いただきます”は、その命をありがたく頂くということ。
“ごちそうさま”は」
真野
「その命を育てたり、運んだり、料理したりしてくれた
 全ての人に感謝すること」



  “Love&Farm”





---
back牛に願いをnext


posted by ozy- at 20:29 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2007年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです