2007年06月25日

初恋から続く道

吉田礼(長澤まさみ)
「この席じゃなかったら、全然違う
 今があったかもしれないんだよね」


The 僕らのドラマ『放課後。』のプロデューサー、
三竿玲子さんが手掛けたドラマである。
彼女と私はひとつ違いの同年代。
同じ時代を生き、同じような歳で世の中の出来事を
感じとってきた者同士だからだろうか。
好みが似ているというか、求めているものに
相通ずるものがある気がする。


どんなに時代が流れても、変わらないものがある。
忘れてはいけないものがある。
似たような宝物をお互い大切に持っているような、
不思議な繋がりを感じてならない。



プロポーズ大作戦』 最終回




「これから先、いろんなことがあると思うけど、
 健の存在だけは 変わらないと思う」

戻りたい季節がある。
でも、戻れないことも知っている。
そんな僕らに、夢のような時を過ごさせてくれる作品を
これからも期待しています。


妖精(三上博史)
「大事なことは、過去を嘆く今ではなく、
 今を変えようとする未来の意志だ」

大切なものを、これからの世代に伝えていってほしい。



岩瀬健(山下智久)
「悔しいけど、結婚してしまいます」

現実にはどうしようもないこともある。
でも、今できる限りのことをする。
今 この瞬間を、未来の自分にとっての
最高の思い出にするために。



“私の思い出には必ず、健の姿があった”

遅いなんてことは、何ひとつない。



多田哲也(藤木直人)
「礼が選んだんだ」


大切なのは、今を精一杯
生きること。



---
backOPERATION LOVE
posted by ozy- at 23:26 | 東京 🌁 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2007年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです