2016年02月07日

卓三さんとイタリア帰り

久留里 卓三(吉田鋼太郎)
「イタリア語でさ、"愛してる"って 何て言うんだ?」
須藤 あかね(高畑充希)
「知らないです」

早っ。
卓三さんと被ってしまいました。


あかね
「あー、ちょっと待って」
卓三
「お、わかった? イタリア語で"愛してる"」

必死ですからね。


あかね
「いえ。今日のデートの相手って、
 イタリア人なんですか?」
卓三
「イタリア帰りの日本人だ」
あかね
「なーんだ」

何を期待してたんでしょうか。

それにしてもこのドラマ日記、
2016年に入ってから ひたすら高畑充希さんカイワイの話しかしてません。
おそるべし『とと姉ちゃん』イヤー。



ドラマ24『東京センチメンタル』 第四話 "小石川の恋"



荒木(小栗旬)
「それで久しぶりに再会してヨリが戻るなんて、
 そんな出来過ぎた話 ドラマでやってたら
 俺チャンネル変えますよ」

まぁ、なんだかんだ見ちゃいますけどね。そのドラマ。


卓三
「でも、それはそれで
 ちょっと可哀想な気もするなぁ」
荒木
「だからぁ、そこで卓さんの出番じゃないですか。
 失恋のキズを癒すには 新しい恋ですよ。
 いつの時代も」

顔がルパンになってますよ。


卓三
「あらきクーン」

いいんです。卓さんが楽しそうなら。
この毎回パターンが同じっていう心地良さ、
たまりません。



卓三
「じゃあ、あかねちゃん。行ってくる。
 店はまかせたぞ」
あかね
「なんか自信に満ち溢れてますね」
卓三
「あ、そう。わかる?」

こういう、わかりやすい人って
見ていて楽しいですよね。


あかね
「どうせ根拠のない自信でしょ?」
卓三
「…現実は、ドラマのようにはいかない。
 だからこそ、チャンスは 転がってるんだ」

あかね
「…は?」

通じませんでした。


卓三
「じゃ。…チャオ!」
あかね
「…何言ってんだ」

あかねちゃん、心の声が口から出てますよ。



令子(大塚寧々)
「今日はいる? 卓ちゃん」
あかね
「一応いるんですけど、
 いないのと一緒というか」

とっさに出てきた この表現、天才です。


---
backTokyo Sentimental

posted by ozy- at 22:04 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2016年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


東京センチメンタル 第4話
Excerpt: 2016.02.05 #4「小石川の恋」 ラテ欄「文京小石川〜赤提灯の奇跡…美女が流す涙は名物ウニ料理の味」  久留里卓三(吉田鋼太郎)は、小石川にある行きつけの小料理屋で、女将(池谷のぶえ)と談笑..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2016-02-08 17:35