2016年01月28日

卓三さんとお母さん

久留里 卓三(吉田鋼太郎)
「こうも変わるんだ。お店の外だと」
日暮里ヘブンの明美(市川由衣)
「がっかりしました?」
卓三
「いやいや、とんでもない。
 むしろこっちの方が、おじさん的にも」

卓三さん、笑ってます。


須藤 あかね(高畑充希)
「なにやってんですかー。
 待ってますよ。元 嫁(令子/大塚寧々)」

あかねちゃん、悪い顔するんだ。



卓三
「急用ができた。じゃまた」
柴田 幸吉(片桐仁)
「どこ行くの?」
卓三
「押上」

行く場所は答えてくれますが、
何をしに行くのかを聞くと 怒られます。

柴田
「あ、逃げた。
 …誰? 若い。かわいい」
令子
「あの人、全然変わってないわねぇ」
柴田
「思春期か」

あかねちゃんのこの顔ね。
微笑みと悲しみとあきれた感情が混在した表情。
どこかで見たことあるなと思ったら、モナリザでした。

このドラマはあかねちゃんの顔芸を
見ているだけでも楽しいです。



ドラマ24『東京センチメンタル』 第二話 "押上の恋"



荒木(小栗旬)
「でも、彼氏役が本当の彼氏になる
 っていうこともありえますからねぇ」
卓三
「あぁ。代役が主役に抜擢されるパターンな」

荒木も毎回、楽しんでますよね。



あかね
「おかえりなさい。早かったですね」
卓三
「あぁ」

このグッタリ感。
卓三さんのシルエットだけでも
どんな結果だったのか、わかります。
あかねちゃんが何とも楽しそうです。

卓三
「ちょっと聞きたいんだけどさ。
 あかねちゃんの恋愛対象って いくつまで?」
あかね
「あぁ、30ですかね」
卓三
「低っ」

リアクションは若いです。

あかね
「そんなもんでしょ。100歩譲って35」
卓三
「変わんねえじゃん。低っ」
あかね
「現実 見ましょー」
卓三
「低っ。背も低っ」
あかね
「悪口」

卓三さんのグッタリした後ろ姿を
見守るあかねちゃんのこの優しい微笑みね。
お母さんか。



---
Tokyo Sentimentalnext


posted by ozy- at 23:00 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2016年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです