2015年01月27日

とってもとってもとってもとってもとってもとっても

藪下 俊雄(松重豊)
「依子、お父さんとお母さん(和久井映見)だってね、
 いつもいつも仲良しだったわけじゃないんだよ」

この夫婦、どっかで見たことがあるなぁ
#『ちりとてちん

こんなドラマをど真ん中(月九)でぶちかます。
フジテレビの本気をみました。ごちそうさん。



デート〜恋とはどんなものかしら〜』 第2話
#脚本:古沢良太 / 演出:武内英樹.



谷口 巧(長谷川博己)
「すみません。ちょっと 人混みに酔ってしまったようで」
藪下 依子(杏)
「まだ入場して15メートルです。
 ここから先が本格的なテーマパークです」

「地獄絵図のようだ」

がんばって。



ケンヤ(柳喬之)
「ジャンケンぽい。
 こっちもっと来い!」
エリナ(秋月三佳)
「キャッ」
画期的だ。さすが師匠。



横浜大観覧車 コスモクロック21
“6:30”
わっ。なんか音楽流れてきた。

鷲尾 豊(中島裕翔)
「結婚詐欺だぞっ」

「だからお前は黙ってろって。
 僕のパートが来ちゃうじゃないか」

バックダンサー、むちゃくちゃ増えてる。


「お前、仕事というものはな。
 そんなに甘っちょろいものじゃないんだよ。
 仕事をなめるな」
鷲尾
「それは仕事をしているやつが言うセリフだ」

アイタタタ。がっかりダーリン。


あらためて、自分は歌モノが好きなんだなぁと
しみじみしております。



---
デート〜恋とはどんなものかしら〜last


posted by ozy- at 23:39 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2015年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです