2014年11月16日

ごはんの香り

ギフ(鹿賀丈史)
「じゃあ ここで三人で暮らそっか?」
岩井さん(溝端淳平)
「それは無理です。
 だって完全にアウェーじゃないですか」

HOMEに対してのアウェー、岩井さん
うまいこと言います。


ギフ
「でも 家って 変わるんだよ。
 岩井くんがここで暮らせば、
 その跡は 必ず残っていく」
岩井さん
「上書きするってことですか?」
ギフ
「いや。重ねる って感じかな。
 昔のことはそのままで、
 薄いセロファンを何枚も重ねていく感じ。
 それが、年をとるってことかな」

一枚、一枚はホント透き通るくらい薄くて、
前に貼った一枚はすぐ下になって、
その前に貼った一枚も全然見えるところに
あるんだけど、何年も重ねていくと
けっこうな厚みになってたりするんですよね。

昔のやつとか セロファンがガッとはみ出してたり、
最初に方はもうパリパリに黄ばんだりして、
それがまた味になってたりするものです。



プレミアムドラマ『昨夜のカレー、明日のパン』 最終回「ご飯と銀杏」



路上コトバ師(星野源)
「この人、大切な人?」
テツコ(仲里依紗)
「はい」
路上コトバ師
「世界で一番?」
テツコ
「…はい。世界で一番」

テツコにとって、これでホントの
決別ができるかもしれない。


テツコ
「ありがとうございました」
路上コトバ師
「お幸せに」
テツコ
「私、幸せになってもいいのかな」
路上コトバ師
「…、誰よりも幸せになってよし」

あぁ、ふわっと楽になって行く。
いいんだ。
忘れることなんてできないけど、
忘れようとしなくても良いんよだね。
これで良いのだ。
ねぇ、バカボン。



---
backYUUBE NO CURRY, ASHITA NO PAN

posted by ozy- at 23:59 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2014年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです