2007年04月30日

私の記憶の中の消しゴム

妖精(三上博史)
“私とは、無論 この教会に棲む妖精である”

これは毎回、最初に言っておかないといけませんからね。
悪魔だと思われがちですから。


岩瀬健(山下智久)
「いつもと違ってカッコイイ」
妖精
「いつもと変わらずカッコイイ。これが本質だ」
今回も小さくまとまってないぜ。
#名作『チャンス!』('93)より抜粋.


妖精
「たまには野菜もとらないとな」

「カッコイイ…」
カッコイイか?


妖精
「実にほろ苦い。まるでお前の人生のようだ」

しびれるぜ。



プロポーズ大作戦 OPERATION LOVE』 第3話



キャメロン先生(松本莉緒)
「My body is great」
男子生徒
「Your body is great!」


学園ドラマの基本はやっぱり授業シーンが
あるってことですよね。授業の中身はどうであれ、
学生が勉強している風景はホッとするんです。
素直に応援したくなります。



---
OPERATION LOVEnext

posted by ozy- at 23:34 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2007年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです