2014年05月31日

青島イズム!

青島製作所 野球部グラウンド裏。
水道をひねって、顔を洗っている
彼のところへ近づく彼女。

沖原 和也(工藤阿須加)
「使う?」
山崎 美里(広瀬アリス)
「ううん」

私には夕焼け空が見えています。

和也
「…じゃあ」
美里
「沖原くん。
 …明日、がんばってね」

静かにうなづき、走り去っていく彼。
うつむきながら、ゆっくりと来た道へ
戻っていく彼女。

和也
「ねぇ!」
声の方向へ振り返る彼女。

和也
「絶対、勝つから」

満面の笑みでうなづく 彼女。

もう完全に、青島高校 校舎裏ですよ。
このワンシーン、別冊マーガレットで漫画化希望です。





ルーズヴェルト・ゲーム』 第5話 “負けたら廃部! 宿敵を倒せ”



細川 充 社長(唐沢寿明)
「今のはセーフだろう!」

様々なしがらみで最初は冷静だった細川社長も
野球部員の必死なプレーで 次第に熱くなっていく。
キライじゃないぜ。



長門 一行(マキタスポーツ)
「よーしみんなー、社歌うたうぞー」

そうか。
甲子園で言う、校歌斉唱みたいなものですね。
スタンドで肩を組み合い、横揺れで合唱。
私も歌いたい。
次回はぜひ、画面下に社歌の歌詞をテロップで
お願いします。


青島 毅 会長(山崎努)
「こういうことだ。
 俺たちがどんなに熱く 経営方針を語ったところで、
 これにはかなわない」

くー、盛り上げます。


青島会長
「これが、青島製作所 野球部だ」

会長にこみあげるものが。
こっちはすでに、男泣きです。



青島会長
「今日 ここにいる社員たちは 心を一つにした。
 俺は、このために野球部をつくった」

言うべきことは言いました。



細川社長
「…おもしろい。
 やるからには必ず勝て」

伝わる人には伝わったようです。



---
ROOSEVELT GAMElast

posted by ozy- at 21:56 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2014年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


ルーズヴェルト・ゲーム 第5話★沖原(工藤阿須加)が試合中に負傷…
Excerpt: ルーズヴェルト・ゲーム 第5話 東洋カメラとの話がうまく運ばない細川社長(唐沢寿明)。 会社に来ていた青島会長(山崎努)が「もし負けても次に勝てばいいんだ。生きてる限り次の勝負は必ずくる。..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2014-06-02 12:47