2007年04月06日

いつの間にか春は

望んでいても、望んでいなくても
春はやってくるんですよね。
そこにはひとつだけ約束があります。
春まで生きていること。
そして、この先もずっと。


1リットルの涙 特別編 -追憶-


池内瑞生(陣内孝則)
「さすが、俺の子だ」

池内亜湖(成海璃子)
「ウザっ」

この懐かしい親子のやりとりがもう泣けます。
いろんな意味で。



麻生遥斗(錦戸亮)
「お前ら ずるいよ」
ホームルームで麻生君が言い放ったこの一言から、
私の中で全てが始まった気がします。
動き出したと言う方がいいかな?
#ちょっと首を右に傾けて(第四話)


最後まで見守っているだけでいようと
思っていたんですけどね。



麻生君
「久しぶり。電話できなくて、直接来た」
来ました。このシーンですよ。


池内亜也(沢尻エリカ)
「今日ね、夢、見たんだ。…」
一度、ものすごい押されます。


麻生君
「俺の今の気持ち、言っていいか」
よし、押し通せ。男を見せろ。



麻生君
「…俺、お前のこと…」

笑われちゃいました。

そして、気づけば日記を書いていました('05.12.6)




---
1リットルの涙

posted by ozy- at 00:55 | 東京 ☀ | aada coda iu(2) | track back(1) | 2007年
この記事へのコメント
二度目の「1リットルの涙」

テレビを見ながら、またもや泣いちゃいました(ノ_・。)
Posted by 姉♪ at 2007年04月10日 00:00
姉♪さん、こんばんは。
やっぱり泣いちゃいますね。
普段のフジテレビでしたら、スペシャル番組放送前に
本編を再放送をすると思うのですが、今回は総集編も兼ねた
構成だったこともあり、ホントの1年3ヶ月ぶりの再会でしたね。


ラストで亜湖が描いた絵を家族で見に行くシーンは今回新たに
撮影したシーンだと思うのですが、亜也がゆっくり話すひとこと
ひとことが、本編を見続けた人、そして本編終了後も番組HPの
掲示板に多くのコメントを寄せた視聴者にとって、
心にいつまでも語りかけるような言葉になったような気がします。
Posted by ozy- at 2007年04月10日 21:33
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


1リットルの涙特別編 追憶
Excerpt: 「1リットルの涙特別編 追憶」が放送されましたね。冒頭からいきなりぶっちゃけますが「1リットルの涙」の本放送は全て見ましたが、このドラマ大嫌いでした。このドラマ
Weblog: 裏 TV RANKING SHOW
Tracked: 2007-04-10 03:34