2013年09月28日

潮騒のメモリー

吉田 正義(荒川良々)
「袖ヶ浜に 渡り鳥が来なくなったのも
 春子さん(有村架純)のせいだって聞きますもんねぇ」

春子さん、スケールが地球規模ですよ。


荒巻 太一(古田新太)
「どうでもいいお話の途中 申し訳ありません。
 かわいい方の子は?」
今野 弥生(渡辺えり)
「…わたす?」

ここはきっちり拾ってくれますね。
もうひと押しされてたら、標準語になってました(4.28)


あまちゃん』 最終週 “おらたち、熱いよね!”
#作:宮藤官九郎 / 音楽:大友良英 / 演出:井上剛


熊谷 美寿々(美保純)
「なしてアンタが泣いてんの!?」
荒巻
「す すみません」

そっとしてあげてください。
いろんなものが頭の中で渦巻いちゃって
それどころではないので。こちらも。
もうこれはアルバムで『潮騒のメモリー』発売しましょう。


鈴鹿 ひろ美(薬師丸ひろ子)
「初めて、自分の意志で ステージに立って歌を…」
天野 春子(小泉今日子)
「プロだわ」

震災後、ずっと探していた
“おらにできること”
それが鈴鹿さんの場合、歌でした。
自分のためでなく、あの人達のためなら
私は歌う。そう思えたんでしょうね。
そのことに気づいた時からの鈴鹿さん、
ずっとキラキラしてます。



天野 夏(宮本信子)
「どんどん金出せぇ。そしたら
 おらたちもドンドン元気さ出すべ」
弥生
「んだ! んだ! んだ!」

「座れ」
荒巻
「えー」

「座れ」

文字通り、夏さんのオンステージでしたが、
夏さんの話を聞いている皆さんの表情が
とても良かったですね。
夏さんが話し始めると、じっと耳を傾けて
期待以上の言葉がかえってくる。
そんな人の 自分は子供だったり、孫だったりしたら
それだけで誇らしくなるんです。



この6ヶ月間、このドラマを一緒に見てきて、
同じシーンで同じようなリアクションを
繰り返してきました。現実で起こったことが
ドラマでも起こることを知っていて、
実際に遭遇して、その後の経過も見てきて
ドラマなのかドキュメンタリーなのか
わからなくなるくらいの感覚で
ひとつの物語を見守ってきた。
その事実だけで、もう感動的なわけです。
個人的には。

さぁ、明日は最終回。
一緒に素敵な朝を過ごしましょう。

#ここまでが最終回(9/28)前日までのメモでした.



見終わりました。
最終回がと言うより、この6ヶ月間が終わったんですね。
放送が始まる前から期待していて、実際
夢中になって見ていて、多くの人が見ていて、
両親とも『あまちゃん』トークできたりして、
幸せな時間でした。
1984年から2011年、2012年の
ある物語の記録として、
2013年の僕らの記憶として
いつまでも残っていくんだと思います。

半年間、ありがとうございました。



---
backあまちゃんkouhaku
posted by ozy- at 09:16 | 東京 ☀ | aada coda iu(4) | track back(0) | 2013年
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりです。
「あまちゃん」終わってしまいましたね(T_T)
私は、土曜日に一週間分まとめて観てましたが、土曜日の楽しみが無くなってとてもさみしい気分です。

今週もいろいろ楽しませてもらいました。

「セーラー服と機関銃」の薬師丸さんの歌声知ってるので、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が音痴って設定に違和感があったんですよね。

ドラマの中で薬師丸さんのすばらしい歌声(潮騒のメモリー)聴けて幸せでした(^O^)/

「三途の川のマーメイド・・・」を「三代前からのマーメイド・・・親譲りのマーメイド・・・」に変えたのは、泣けました(T_T)

なんでここでNHK捨てた山岸舞彩出演?

福田萌だろ!と思ったこと(細かい設定は別として)や語りたいことはまだまだありますが・・・

しかし、脚本や俳優陣などすごかったですね。
もうこんなドラマ観れないと思ってます。

本当に「半年間 ありがとうございました。」と私も思いました。
Posted by ひでろめお at 2013年09月28日 14:44
ひでろめおさん、お久しぶりです。
そうそう、土曜日派でしたよね。
そういう方もたくさんいると思っていたので、
その週の日記は土曜日一週間分のオンエアが終了する
朝11時以降に毎週日記を書いてきました。
ただ、最終週だけは我慢できずに、朝の最終話を
見届けて、気づいた時は日記を更新していました。
申し訳ありません。Be土下座でお詫びします。
#映画【謝罪の王様】午前中の回を座席予約していたもので.

薬師丸さんの歌声は、素晴らしかったですね。
今までずっと見てきた人、思い入れが強い人ほど
グッと来るステージになったのではないでしょうか。

先ほど、NHK-BSプレミアムで23時の放送が終了し、
「あまちゃん」本放送が全て終了しました。
まだ実感がありませんが、もう来週はないんですよね。
10年に一度のドラマだと勝手に思っているので、
引きずってこそナンボです。
センチメンタルどんと来いです。

名作に出演した俳優さんにとっても、
ずっと残っていくような気がします。
福山雅治さんが『龍馬伝』や『ガリレオ』が
ヒットしたとしても、いまだに『ひとつ屋根の下』の
チイ兄ちゃんのセルフ・モノマネが一番ウケていたり、
吉岡秀隆さんはいまだに『北の国から』の純クンと
呼ばれていますし。

こういった名作を多くの方とリアルタイムで見られるって
ホント幸せでした。そんな感じっス。
Posted by ozy- at 2013年09月29日 00:20
こんばんは。
「あまちゃん」は、音楽もよかったですね。
この前、NHKの「大友良英ビッグバンド あまちゃん ライブ」特番観て、楽しませてもらいました。

NHKは、朝の連続テレビ小説で大河ドラマ的な(大河ドラマはぜんぜん観ませんが)俳優陣を構成した感じですね。

次から次へと個性派俳優が登場して、「あまちゃん」すごかったです。

続編望む声が日本国民大多数いるようですが、俳優みなさんのスケジュール抑えるのは厳しいでしょうね。

正に10年に一度のドラマでした。

今年の流行語大賞と紅白が楽しみです。
Posted by ひでろめお at 2013年09月29日 22:28
ひでろめおさん、おばんです。
「あまちゃん ライブ」私も見ました。
素晴らしかったですね。
ゲスト出演されてた能年玲奈さんのキラキラ感も
はんぱなかったです。ドラマと一緒に音楽や歌が
多くの方と共有できたっていうのはホント嬉しいです。

私が勝手に『あまちゃん』の原点だと思ってる
歌謡バラエティー・ショー
『あべ一座旗揚げ公演 あべ上がりの夜空に』
が今週、再放送されます。
#10/4(金)09:00よりNHKBSプレミアム.
併せて、そのドキュメンタリー番組
「宮藤官九郎と100人のあべさん −“あべ一座”旗揚げへの道−」
も放送されるということで、これはホント、NHKさんに感謝です。
ドキュメント番組の中で宮藤官九郎さんは次のように語っています。
-----
“NHKホールで構成・演出するにあたって”
一番やっぱり有名なのは紅白(歌合戦)だと思うんですけど、
自分がいつもやってるお芝居とかコントとおっきく変え
ちゃったら意味がないなと思って。
ああいう大きい会場でしかもピンマイクですから、
細かいニュアンスは伝わらないってのはわかっていて。
だからって、セリフとか細かいギャグの部分まで
わかりやすくする必要はないなと思って。
それは結構考えました。
考えたっていうか、書けないですよね。そういうの。
「これ本多劇場でやった方がいいんじゃないか」
っていうようなことを、どうにかして
でっかいホールでやるっていう。
-----
“NHKホール”という言葉をそのまま“NHK連続テレビ小説”に
当てはめて頂けると、これが原点だと言っている意味が
何となく伝わるのではないでしょうか。
公演自体も、どこか懐かしくてアットホームな雰囲気、
そして圧倒的なお祭り感は『あまちゃん』に受け継がれて
いる気がします。
そして、何よりも“旗揚げ公演”といいながら
たった一度きりの公演だったということです。
この一日だけだったから、『あまちゃん』で言えば
この半年だったから実現した奇跡だと思っているんですよね。

何を言いたいかというと
あまちゃんの再演があるとすれば“NHKホール”だと
いうことです。大晦日、私も期待しています。
Posted by ozy- at 2013年09月30日 10:06
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです