2013年08月31日

スターダスト メモリー

有働由美子アナ
「土曜日(8.24)のさぁ、あの水口ハグはさぁ
 あれ、愛あるよね?」

土曜日はあさイチがお休みなので、
月曜日(8/26)のオープニングにブッ込んできました。
ただ 土曜日も、いのっちとは“受け”のやりとりを
メールでしているみたいです。



あまちゃん』 第22週 “おらとママの潮騒のメモリー”



携帯電話/天野 春子(小泉今日子)
「あんなダンサーくずれの踊りヤクザに
 うちの娘を死んでも巻かれない」
春子さん、隣の人に聞こえてますよ。

春子
「どうも。…いつから?」
足立 ユイ(橋本愛)
「ラーメン・ライスくらいから」
春子
「やだもう、恥ずかしい」
そういうの、あるんだ。

ユイ
「いや。カッコ良かったっスよ」
確かに。



天野 夏(宮本信子)
「春子、ほら持ってけ。ウニ丼。
 あいつまだ寝てんだ、もう…」

こういう終わり方は、その日一日
切ない気分が続くんですよね。



鈴鹿 ひろ美(鈴鹿 ひろ美(薬師丸ひろ子))
「この先、つらいことがあったら
 これで、涙ふきなさい」

人生にひとつでも、こういうモノを持ってる人は
強いと思う。



春子
「来年の夏まで、恋愛禁止っていう条件で
 予備校のCM受けたよね。ねえ水口。ねぇ水口っ」
リズミカルに水口っ。

水口 琢磨(松田龍平)
「でも、二人はプラトニックです。
 …じっちゃんの名にかけても」
春子
「じっちゃんって誰だよ」
確かに。



鈴鹿 ひろ美
「今、日本で “天野アキ”をやらせたら
 アンタの右に出る女優はいません」

役柄を越えて、薬師丸さんが能年玲奈さんに
語りかけているように聞こえました。
個人的には、同じセリフをTOSHIYA(勝地涼)にも伝えたい。



鈴鹿 ひろ美
「…ごめんなさい」
荒巻 太一(古田新太)
「申し訳ない。春ちゃん」

私たちがこの数カ月間ためてきたモノが
富士の雪解けのように
日本中でふんわりと流れているような気がします。


その日の有働アナ
「アカンよ。泣いたらアカンよ」

わかってるのに。ずるい人だ。



---
backあまちゃんnext

posted by ozy- at 23:09 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2013年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです