2013年06月01日

俺がそばで見ててやるから

某ちゃん(刈谷友衣子)
「このマイクの前に誰かいて、
 好きな曲で通じ合えるなんて考えもしなかった。
 …こんにちは。伝わるんですね」

10年前、誰にも言わずにWeb日記を始めて
会ったことのない方から初めてコメントを頂いた時の高揚って
いまだにおぼえてます。
その日記がパーソナルであればあるほど、嬉しいんですよね。


特集ドラマ『ラジオ
#原作:某ちゃん。 /脚本:一色伸幸 /演出:岸善幸
■2013年6月2日(日)16:15よりNHK総合で再放送start.

笹山ユキ(安藤サクラ)
「いつもリクエスト下さいます
 東京の飛松(リリー・フランキー)さんからのリクエストです。
 “某ちゃんに捧げる”と書いてくれています。
 イナズマ戦隊『応援歌』」

気持ち良いくらいのストレートですね。
ど真ん中のど直球。
このくらい分かりやすい方が伝わるんです。
この時の某ちゃんには。

“良いなぁ”と思ったもの。
そんな気持ちを、私もストレートに伝えたいと思って、
あらためて日記につづってみました。


ほぼ日でも今回の再放送を応援しているようです。

以下に、NHK広報局こと@NHK_PRさんのコメントを一部転記してみます。

ほぼ日ニュース(2013/5/31)
「6月2日、16時15分。NHK 総合「ラジオ」というテレビドラマを
 Ustreamでの解説つきで一緒にみませんか?」
http://www.1101.com/news/2013-05-31.html

せっかくの再放送です。
このドラマを初めて見る人にも、
もう一度見てくださる人にも
もっともっと何かが伝わるように、
この日「ほぼ日」のスタジオをお借りして
「ほぼ女川さいがいFM(ほぼおな)」というラジオ的なものを
ドラマ放送の前後にお届けすることにしました。
脚本の一色伸幸さんや制作スタッフ、
そして何と某ちゃん(本物)が、
このドラマについてたっぷりとお話しします。
再放送中はTwitterで、ドラマの解説をする予定です。
みなさんからの感想もぜひお寄せください。
再放送の後に、某ちゃん(本物)による、
みなさんからの感想の読み上げなんかも
やっちゃったりしようかな、なんてことも考えています。

6月2日の日曜日。
ぜひこの「ほぼ日」の「ほぼ女」に集まって、
いっしょに再放送を見てください<(_ _)>


ひとつのテレビドラマと出会って、
何かが変わる人生があっても良いと思います。
それが再放送だとしたら、私は全力で応援します。



---
女川さいがいFM
posted by ozy- at 20:25 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2013年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです