2007年02月16日

ニヒルにスマイル

小宮竜次(梅宮辰夫)
「パリだ」

ウィ。



それにしても今回のオープニング、
「前回(第五話)のあらすじ」を物凄いスピードで
紹介してましたね。
林檎の君(黒木メイサ)との再会。
恋愛シミュレーションデート。
凱旋門前での妄想KISS。
坂下エリ(福田沙紀)様のオチ。
おいしいカットを完全網羅です。感動。


拝啓、父上様』 第六話


エリ
「ずーっと手を振ってたんだから」

ごめんなさい、そっちは見てませんでした。


エリ
「お兄ちゃん(二宮和也)、クリスマスにエリを
 音楽会に連れてってくれるんだって」

クリスマスはちょっと、先客というか何というか


エリ
「ミッフィーちゃんのぬいぐるみ、このくらいの」

おっと、電話だ電話。お嬢さん、電話が鳴ってしまいまして。
ちょっとすみません。



唐沢ナオミ
「いらっしゃい。来てくれた」

に、日本語です。



中川時夫(横山裕)
「お兄ちゃん、今日 バカに気合い入ってんね」

押忍、父上様。青春が抑えきれません。




田原一平
“その食べ方の予備知識を前もってこっそり知っておきたい
 という不純な動機があったわけで”

ワインを注がれたら、まず香りを楽しみ、
テーブルでほどよくグラスを回し、
グラスを口に近づけて飲む、と見せかけて
もう一度香りを楽しむ。で、飲むと。
なるほど。


田原雪乃(高島礼子)
「あれ? チィ、チアー、似たようなもんだ」

参考になりません。




---
back拝啓、父上様next

posted by ozy- at 00:04 | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(1) | 2007年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


拝啓、父上様 第6話 【フジテレビドラマ発信局】
Excerpt: 冒頭、一平(二宮和也)の夢。...竜さん(梅宮辰夫)がフランス料理に転向すると言って、ナオミ(黒木メイサ)と一緒に去っていく。その時竜さんがフランス語をしゃべるんですが、全然似合ってなかった(爆)。
Weblog: フジテレビ ドラマ発信局 (フジテレビドラマの魅力!)
Tracked: 2007-02-16 21:19