2005年05月03日

3年B組卒業式

卒業式当日。


哲史(竹下恭平)
「何、弱気なこと言ってんだよ! しゅう(八乙女光)は来る」
 絶対に来る。仲間だろ。信じろよ」
哲史、熱いぜ。熱くて泣けるぜ。


この連休中に録りためておいた『金八先生』の1〜3月分を一気に見まして、
ようやく私も卒業式を迎えることができました。



3年B組金八先生』 最終話



そんなわけで、卒業式ですよ。
恒例の桜中学校歌斉唱。細かい歌詞は忘れていましたが、
メロディーは完全に覚えてました。画面下に字幕スーパー
で歌詞を流してくれていたら確実に歌えるポジションです。


卒業証書授与。生徒ひとりひとりに校長先生から
卒業証書が手渡されていくシーンなのですが、
地味に泣けるんですよね。


金八先生(武田鉄矢)
「園上征幸(平慶翔)」
幸夫(沼田和紘)
「お兄ちゃーん!」
ああ、いたなぁ。あの弟いたなぁと。
#第3話「悪魔のささやき」
じんわり来ました。


友達や家族のかけ声があったり、声にならない表情が
映し出されるその一瞬一瞬に、この半年間育んできた
生徒の人柄、生徒や家族同士の関係性がギュッと
詰まってる。同じように半年間見続けてきた私達
3年B組も思い出がその一瞬でよみがえって、
じんわりですわ。


車椅子の崇史(鮎川太陽)の時、上段から下りてきて
手渡す板橋新校長(木野花)。
よかった。いい人でよかった。


マ行が近づいてくる。丸山しゅうのマ行が。
あぁ…。


遠藤先生(山崎銀之丞)
「答辞。卒業生代表。狩野伸太郎」
伸太郎(濱田岳)。立派だった。
君は立派だったよ。



そうか。そういうことですか。
浅はかだった。私の考えが浅はかでした。

次回、パート8。
私も待ってます。



---
back3年B組金八先生omake


posted by ozy- at 22:29 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです