2006年12月22日

しまんちゅ

三上新一(山崎樹範)
「だから、この診療所に来てみたかったんです」

三上先生、いきなり泣かせますね。
この、前回のシリーズ('03.夏)や三上先生SP('04.1.10)を
見てない人は置いてくぜ。みたいな男気を感じました。


Dr.コトー診療所2006


手術の時のコトー先生(吉岡秀隆)、
あの藁草履を履いてました('03.8.21)


鳴海慧(堺雅人)
「検査の結果が早く知りたいのはわかるが、…」

鳴海先生のやさしさなんです。とてもわかりにくいですが。


鳴海先生
「…わかった」

五島先生に対する鳴海先生の信頼が伝わってきた瞬間でしたね。


「かんぱーい」

何か嬉しいことがあると、乾杯したくなるし、
踊りたくなる。歌いたくなる。
沖縄の血が流れる私も、今夜はヤクルトで乾杯です。

最終話 「逃れられぬ、医師の宿命」

彩佳(柴咲コウ)
「やっと来てくれた。コトー先生」

あぁ。彩佳さん、素直モードだよ。
思わず胸キュンスイッチ・オンです。


彩佳
「先生、握手して」

広がってく。ふぁーっと広がる胸キュンの青い海。


コトー
「ぶぉー。…2,3時間!?」

嬉しいなぁ。ぐったりコトー先生が帰ってきました('03.7.3)


三上先生
「何で僕たちは医者なんでしょう」

ずっとずっと、他の誰でもなく五島先生に聞きたかったことでした。


コトー
「医者っていったい何なんでしょう」

その五島先生も、問い続けていた。あのコトー先生も。


コトー
「…でも、医師であることの意味を、問い続けることを
放棄してはいけないと思っています」


追伸。
仲依ミナ(蒼井優)
「私も見たいです。島の初日の出」

ここにも胸キュンがまたひとつです。


---
backDr.コトー診療所2006

posted by ozy- at 00:26 | 東京 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | 2006年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです