2005年03月19日

僕を支える君のひと言

国見ママ(石野真子)
「あら、ひかり(市川由衣)ちゃん。いらっしゃい!」
覚えました。
「いらっ」で上半身を後ろにのけぞらせると同時に、
右腕は弓を引っ張るような格好でグッと後ろにひく。


いらっ
図1.いらっ


で、その右腕をそのまま前方に押し出すと見せかけて、
上に向かって真っ直ぐ突き上げて
「しゃい!」
同時に左足も曲げる。


しゃい
図2.しゃい!


H2 〜君といた日々』story#10 “もう一度選べ 最後の甲子園準決勝”


比呂(山田孝之)の前に差し出される苺。
ひかり
「あーん」
比呂がパクっとやる寸前に自分BACKでパク。
バックアップチームもいっせいに「なしよ」のポーズでした。


バンザーイ
図3.バンザーイ


なしよ
図4.なしよ


#ひかり、改め雨宮家バックアップチームについてはこちら(story#09)


ひかり
「がんばれ。負けるな」
今、あだち先生も考えていらっしゃる。
この辺り、原作を描いていたあだち充先生も
悩んでいたのではないでしょうか。
幼なじみか、春華(石原さとみ)か。
これはもう『タッチ』か春華か、ですよ。
とにかく、ひかり一家にエールを送る目的で結成された
雨宮家バックアップチームですが、こうしてまた
逆にエールを送られてしまうのでした。


甲子園事実上の決勝。
千川高校 対 明和一高。
一回裏ツーアウト一塁。
打席は四番・橘英雄(田中幸太朗)。
キャッチャー野田(中尾明慶)
「タイム、お願いします」
野田君、盛り上げます。


比呂
「わかってねえなぁ。お前は」
物凄い勢いでドキドキドキドキ。
「知ってっか? 俺はひかりのこと、大好きなんだよ」
何だか、何だか泣いた。


お父さん(杉本哲太)から授かった
さくらさん(七瀬なつみ)の写真がある限り、
比呂は負けないと思う。


「がんばれ。負けるな」



---
backH2 〜君といた日々last

posted by ozy- at 22:38 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2005年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです