2004年12月18日

LOVEウォッチャーNANAMI

いちご(美山加恋)

「ママが遊びに行きたいって言ったんだよ」いちごー。



ママ(高橋ひとみ)

「好きになってはいけない人と好きに…」

髪をクルクルさせはじめましたよ。



「降矢先生(反町隆史)が娘の担任を好きに…。なるほどねぇ」

ママは少々深読みしているようです。



「あやめ先生は降矢先生のこと、好き?」

もう一時も目が離せないあやめ先生(白石美帆)は

今日も必死でごまかしていました。



「彼はあなたのこと好きみたいよ」



深過ぎます。

ホットマン2』Story#11





---
backHOTMAN2/七海祭next
posted by ozy- at 01:21 | aada coda iu(4) | track back(0) | 2004年
この記事へのコメント
いちごちゃんのお母さん役の高橋ひとみさんがいい味だしてますよね。やたら子供と一緒に降矢家にお邪魔してますよね。いつもご飯食べてません?あやめ先生も。最後円造が可哀想でしたね、家族バラバラだー、抱きついて泣く七海ちゃん、私の目からも涙がこぼれてしまいました。でも、灰ちゃんが結婚します。少しくらい明るい話題もないとね。最終回前らしくいろんな問題が山積みですね。後1回でどうにかなるのかな?気になりますね。
11話は(エンゾー、ニコニコするお弁当作ってね・・・良かったー)本当に七海ちゃんの笑顔と存在が円造には心の支えですね。

やたら長くなるくみ通信
全く初めて会った人にも全く人見知りしない菜々ちゃん、この2からキャストに加わった出演者の方々にもまるで前からの知り合いのようにお話ができるそうです。だからみんな菜々ちゃんとは大の仲良しになったそうです。お菓子が大好きでいつもかばんにはオヤツがいっぱい入っていてみんなにわけてあげるのだそうです。そんな菜々ちゃん、今朝ブランチのホットポイントコーナーに出ていましたがご覧になられましたか?斉藤君達が最終回前で反町さんにインタビューしていて反町さんが菜々ちゃんの事を語っていて台本に七海泣くと書いてないところでも俺の台詞を受けて涙が流せるようになっていたところとかがすごい成長だと思うと話されてました。そこへチョコりんと表れた菜々ちゃんを見て本当に菜々は出たがりだなー(1回目のホットポイントでも反町さんのインタビュー中に表れていました)と反町さん、笑みをうかべながら菜々ちゃんを膝にのせていました。パジャマ姿の菜々ちゃんが可愛かったです。もうすぐこの微笑ましい父と娘ともお別れですね。寂しいです。
Posted by くみ at 2004年12月18日 14:35
いつも楽しみにここをのぞいているのですが、後1回でホットマン2も終わってしまいますね〜すごく寂しいです、私も。七海祭りが目にとまり大好きな七海ちゃんの一つ一つのしぐさであったり表情に魅せられてきた者としましては、たくさんの方達が同じ思いなんだなと嬉しいです。円造パパにとって本当に宝物のような存在なんでしょうね。円造の心の中にある喜びや悲しみも全てわかってしまう娘七海ちゃんを見ていると私まで心が綺麗になっていくようです。
とっても暖かい通信を見ながら心がますますホカホカです。
Posted by sakura at 2004年12月19日 09:54
くみさん、おはようございます。
仲直りにニコニコ弁当を持っていくなんて、なかなか出来ませんよ。
こりゃ七海もエンゾのこと好きになりますね。

「うんうん」とうなずきながら“くみさん通信”拝読しております。
ホットポイント、毎週見てますよ。菜々ちゃんは何かしら出てくれますよね。
「TBS毎土曜日9:30〜12:00」でビデオ予約してあります。
なんかもう菜々ちゃんはあのイメージの通りなんですね。

> 俺の台詞を受けて涙が流せるようになっていた
反町さんは感心しているようですけど、あんな台詞言われたら
泣きますって。
12月23日は『ホットマン2』の最終回を祝う日で休みだと思ってました。
Posted by ozy- at 2004年12月21日 01:36
sakuraさん、いらっしゃいませ。
エンゾの悲しみを受けて泣き出す七海ちゃんを抱きしめるエンゾ自身は
ぐっと涙をこらえている。そんなシーンを見ていると、さらに被さって
抱きしめたくなりますね。ちょうど、金八先生が「3ねーんBぐみー」
と言った瞬間「わー」って集まる生徒のような。
七海祭もまもなく終わりますけど、こうしてsakuraさんにもお会いできたり
してあらためてナイスなネーミングだったなと思う今日このごろです。

最近は、エンゾへのするどい七海ツッコミがひそかに楽しみです。
Posted by ozy- at 2004年12月21日 01:38
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです