2004年09月23日

行ってきます

桂大悟(寺脇康文)

「岡、なぜマリアがお前との試合を望んだのかわかるか。

マリアはお前が恐かったんだ。その恐怖に打ち勝つ為には

もう一度お前と試合をするしかない」



『エースをねらえ!』の精神に触れた気がします。

逃げていても、また追ってくるものなんですよね。

それを乗り越えるためには、正面からぶつかっていくしかない。



桂大悟

「恐れ、迷い、悔い、誰もがそれと戦っている。

だが忘れるな。お前が自分を信じている限り、

何があってもお前はやっていける」





エースをねらえ! 〜奇跡への挑戦〜


明日、仕事でちょっとした山場があって、気持ち

少し弱っていたんですが、何か勇気付けられました。



『エースをねらえ!』はいつの時代も青春10代のバイブルです。




---
backエースをねらえ!





追伸。



正直言うと、ラスト間際の記者会見の場面

お蝶夫人(松本莉緒)と尾崎(石垣佑磨)が

見つめ合うシーンにも 胸熱くなってました。




posted by ozy- at 22:57 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2004年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです