2004年08月27日

亜紀の分までオレが泣く

サク(山田孝之)
「結局、人生って毎日の積み重ねだしさ。
 だったら…、今ふたりに出来ることを
 思いっきりやろうと思って」


ようやく気づいたね、サクちゃん。
正直、今までサクちゃんになりきれていない部分が
あったのですが、この時点で私も一気に感情移入の渦に
のめり込んで、めり込んで行くことでしょう。


ウォークマンでテープを聴いてる時の
パパ(三浦友和)の顔、見た?
見てくれた? 
オレさ、我慢できなかった。我慢できなかったよ。



世界の中心で、愛をさけぶ』 第9話 “最期の選択”



サク
「みんながいて、亜紀がいて…。僕は幸せで」


まいったな。映画版とおんなじ記念写真のシーンで
崩れちまったよ。めためたに。


「まるで夢の中のように幸せで」


めためたに。



最後に、
もうひとりのサクちゃん、堤幸彦監督の
空写真でいっぱいなブログページをご紹介します。
http://crescendo.tv/tsutsumi_blog/



---
back世界の中心で、愛をさけぶ


posted by ozy- at 23:32 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2004年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです