2004年08月14日

油断してたでしょ

亜紀(綾瀬はるか)
「サクちゃんって、いつも何やってるの?」
サク(山田孝之)
「お見舞」


君はつくづくオンリーユーだね。



世界の中心で、愛をさけぶ』 第7話 “明けない夜”



夕飯時、亜紀からの電話を受ける亜紀のお母さん(手塚理美)
「今日はサク君の所でごちそうになるって」
この時、鍋をつついていたお父さん(三浦友和)のさえ箸が
止まるんですよ。
今回のドラマ版は亜紀のお父さんがやたら沁みてきます。


「俺が笑うとおかしいか?」


少しだけ笑ってくれました。
苦笑いでもいいんです。一瞬だけでも
心がふっと軽くなってもらえたら。
サクちゃん、その調子。そのまま押してこ。



---
back世界の中心で、愛をさけぶnext

posted by ozy- at 00:35 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2004年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです