2003年12月03日

インチキだー

将一(渡部篤郎)
「ずーっとずーっとお前のこと好きだから。
 ずーっとお前のこと愛してるから」


すぐる(泉澤祐希)、じっとお父さんの瞳をみつめてます。

将一
「ごめんな、すぐる」


お母さんに、おもいっきり抱くつくすぐる。
泣け泣け。おもいっきり泣いてくれ。私も一緒だから。
ずーっとお前と一緒に泣いてるから。
もう目から涙が離れないから。



恋文 〜私たちが愛した男』 story #09



回想シーンで美木子(いしだあゆみ)さんが出てきた瞬間でした。
崩れ落ちました。


こうしてまた、
Do As Infinity「柊」を聴きながら過ごす日々が続くのでした。






---
back恋文 〜私たちが愛した男last
posted by ozy- at 23:12 | aada coda iu(1) | track back(0) | 2003年
この記事へのコメント
☆Catherine☆支配人さん
#12月4日1時6分

こんばんは〜!
先週の、いしだあゆみさんと寺尾聡さんの再会のシーンで号泣してしまいましたσ(^^;;

今回つい「それは無いでしょう!」と言ってしまったのが和久井ちゃんと
渡部さんが結婚式を終えて病院に戻ってきた所で職員と患者さんたちに祝福されてましたが、
現実ならまず、有り得ないですね〜
病室はとっても古いのに何故、廊下?はあんなに綺麗なの!?と、つい突っ込んでしまいました。
(〃°д°;A アセアセ・・・
「柊」は本当、良い曲ですよね〜♪
チャッカリ携帯の着メロにもしていますσ(^^;;
d(⌒o⌒)b♪♪♪
それにしても渡部さんはわがまま過ぎ〜(〃_ _)σ

--
“美木子さんの笑顔にイエローカード”

Catherineさん、こんばんは〜。
美木子(いしだあゆみ)さんと計作(寺尾聡)さんの再会シーン。
もう二度と見たくないと思っていても、記憶に焼きついてる。
美木子さんを見て、もう二度と泣くものかーと誓った。
だけど、回想シーンで涙が出ちゃう。
女の子だもん。
#「アタックNo.1」/しかも男だし
そんな、乙女心です。

「恋文」結婚式後の病院の廊下シーンですよね。
あの時は美木子(いしだあゆみ)さんの回想シーンを見た後だったので、
涙でよく見えませんでした。一緒に突っ込めず、ごめんなさい。
もうホント、美木子さんの回想シーンは反則技です。

「柊」良い曲ですね。
“今、カラオケで歌われたらウットリ見つめてしまうBESTスリー”
には確実にランクインです。
---


micha★さん
#12月4日1時36分

はじめまして。
あたしも恋文見ました。
すぐる、可愛そう・・郷子さんも・・。
でも、郷子さんの愛を感じました。
てか、予告見そびれたんですけど、次回はどうなっちゃうんですかね??

--
“来週は特別ゲスト(局を越えた友情出演)希望”

micha★さん、いらっしゃいませー。
すぐるを見ていると、もう私はうまく発音できずに
“すぐりゅ”となっています。
郷子さんとすぐりゅには、ただただ幸せになってほしいと
願わずにはいられません。

次回予告は、泣き崩れていて私もよく憶えていないのですが、
同じ鎌倉を舞台にしているライオン先生(竹中直人)が港に突然現れて、
自転車で通り掛かった誠(要潤)があわてて また海に落ちる
というシーンがあったようななかったようなです。
Posted by ozy- at 2005年05月20日 01:05
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです