2003年11月17日

OH!ギャル

原千晶

「ズレてる。ズレてる」

小声で言うのがポイントです。

ただ、今日は『ライオン先生』ではなく


ビギナー』 第7話 「アンパンは誰が食べた?」



開始時間15分ズレ。

ビデオ予約をセットして毎週楽しみにしている残業型ドラマラブリーズにとって

数馬(北村一輝)に睨まれるより恐ろしいです。時間変更。ヘタに残業できません。



ビギナー、一緒になってあれこれ考えてました。

最後まで答えは出ませんでしたね。いい終わりかたです。

“これっ”っていう答えなんて毎回なくていいです。

でも次回予告を見ると、今週の続きをやるんですね。

夫A自らアンパントークをするようで、ちょっぴり複雑な心境です。



沢田研二さんも名曲「OH!ギャル」の二番でこう歌っています。

♪ MONDAY(MONDAY)昨日のつづきで浮かれちゃ駄目だよ

そうです。

♪女は誰でもスーパー・スター

なのだから。



#「OH!ギャル」作詞/阿久悠

すみません。最後のほうは、ただ歌いたかっただけですので。





---
backビギナーend
posted by ozy- at 22:46 | aada coda iu(1) | track back(0) | 2003年
この記事へのコメント
カッペちゃん1さん
#11月18日9時1分

『ライオン先生』・・・ ラスト5分だけ見ました!(笑)
あのズラは・・・ のっかてるだけなんでしょうか・・・!?
生活に支障はないのか・・・
んで
ozy-さん・・・ ホントに1977年生まれなのか・・・ (;¬_¬) ぁ ゃι ぃ・・・
ジュリーの「OH!ギャル」・・・??
私でも分からん・・・ 名曲なの???
聞いたら分かるかなぁ・・・
『あなたの隣・・・』は、ちょっと繋がってきたのかな・・・
柏原くんは、他のドラマで逢えたから、もぉいいや・・・(笑)

--
“ピカピカのキザ”

ドラマ日記界のジュリーとしては、
日記を書く時は帽子を斜め45度。
手からはクモの糸。
背中にパラシュートです。
風の強い日は、後ろにひっぱられて
ひとり筋肉番付になってます。

『あなたの隣・・・』の挿入歌「勝手にしやがれ」で
一部の間でジュリーブームが来ていると思いますが、
ジュリーベストが出たとしても、もしかしたらエントリーから
外れるかもしれません。「OH!ギャル」
一度聞いてしまえばたぶん一生忘れられない歌だと思います。

この曲の内容を簡単に説明しますと
作詞家/阿久悠さんが理想とするギャルの一週間の過ごし方を
世にうったえた曲です。
ちなみに明日(水曜日)は何をすればよいかというと
“♪WEDNESDAY(WEDNESDAY) せつない恋など知らないふりして”
不倫だ浮気だ、そういう周囲の恋話をいっさいふれずに過ごしてください。
それがギャルの中のギャル、「OH!ギャル」への第一歩です。

発売は1979年5月31日。
私はこの時2歳だったので、リアルタイムの記憶はないのですが、
ただ、この曲のヒットで英語で曜日が言えるようになった女子達が
急増したとかしないとか。
---


ayaan-_-さん
#11月19日0時49分

時々訪問してくださってるみたいでありがとうございますm(_ _)m
ビギナーの感想がありましたね、同感です〜!!答えをしぼらない
ところが好きですね。色んな人の考え方を出してくれて、
どれも分かるなあって思えて、すごいです。あの脚本家は!
でも結構終わりに近づいてそうで寂しいです(;_;)でも、
初めて次回へ続く〜になってて、かなり楽しみですね☆(*^_^*)

--
“ビギナー忘るべからず ”

ayaan-_-さん、こんばんは。
ひょこひょこオジャマしております。
“お気に入り”ですもん。

人の数だけ考えがあって答えがあって。
その中で大事にしたいなって思うのは
人の話に耳を傾けることかなって。
うん。そんな感じです。

なんでかビギナーを見終わった後って、
よし自分も勉強しよって思うから不思議です。
---


tomoxnさん
#11月26日3時26分

はじめまして。「あなたの隣に誰かいる」のテーマから巡って
楽しく読みまして、おまけに沢田研二話をみつけて、
勝手に喜んでいます。(ジュリー好きなんです)

--
“太陽を盗んだ男の話”

tomoxnさん、いらっしゃいませ。
私もtomoxnさんのジュリー日記、楽しく拝見しました。
まさか同じタイトル『OH!ギャル』で日記を書かれている方が
いらっしゃったとは。感激です。
ジュリーは天使でもあり悪魔にもなれる。
全身からただよう、あの危険な匂いは永遠のあこがれです。

自分の日記が客観的にどうなのかはよくわかりませんが、
ただ「あなたの隣に誰かいる」に出てくるお屋敷の地下室で
この日記が置いてあったとしたら、たぶん困ってしまう。
ということだけはなんとなくわかります。
Posted by ozy- at 2005年05月18日 22:56
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです