2003年11月12日

恋文 in My Life


部屋のあかり、うちのは二つ輪っかがあるタイプなのですが、
『恋文』が始まるとヒモを一回ひっぱって
輪っかをひとつ落としてます。



なみいる強豪をおさえ、会社パソコンの壁紙はいつも恋文です。



恋文 〜私たちが愛した男』 story #06




鎌倉の海を見たくなりました。気がついたら海にいました。
砂浜を歩いていたら、ライオン先生がちらっと頭をよぎって、
すこし笑いました。


夜、二人が眠る病室が一瞬 教会に見えました。



---
back恋文 〜私たちが愛した男next


posted by ozy- at 22:41 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2003年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです