2003年08月31日

元カレパート1とパート2のあいだで

めざせ鬼ばか

というわけで今日は『元カレ』本編も無いことですし、

気が早いですが続編の大予想でお楽しみください。



夏休み最後の夜、モンモンとした気持ちを一緒に
吹き飛ばしましょう。




まず、東次(堂本剛さん)は菜央(内山理名さん)と
別れています。

今カノファンのみなさん、ごめんなさい。

でも、真琴(広末涼子さん)とヨリが戻ったわけでは

ありませんのでご安心ください。

パート2の東次は独り身でスタートします。




ただ、東次の家には真琴がいます。
なんたって義理の親子ですから。

東次パパ/啓吾(角野卓造さん)はママ/弓江(市毛良枝さん)と
離婚した後、真琴と再婚していたんですね。
人生いろいろです。



今カノファンのみなさん、落ち着いてください。
大丈夫です。菜央もちゃんと幸せに暮らしていますよ。
千歳さん(天野っち)と。



奪略愛でした。千歳さんの猛アタック。

彼のダンスを彷彿とさせる情熱的な愛のステップでした。

この辺りはパート2で、菜央ちゃんの回想シーンが出てくる
第二話「情熱ダンスはお前に」をお楽しみに。



ちなみに千歳夫婦は独立して飲茶店を営んでいます。

場所はもちろん、東次が住むクリーニング屋のお隣です。




弘枝(ソニン嬢)はなりゆきで東次弟/裕二(斉藤祥太さん)と

付き合っています。ただ、千歳が隣にいる裕二の家には

嫌がって来てくれません。

決心した裕二は家を出て、弘江のアパートで同棲生活を
始めます。受験もあきらめ、今では父のクリーニング屋で
まじめに働いています。





以上が、パート2が始まるまでのおおまかな出来事です。

いかがでしたか。
よりいっそう、モンモンとした夜になってしまったかも

しれませんね。



第一話は東次・真琴・啓吾のスリーショットの朝食シーンで
始まります。

パート2楽しみですね。放送予定は2050年ごろ





---
back元カレnext
posted by ozy- at 21:45 | aada coda iu(1) | track back(0) | 2003年
この記事へのコメント
カッペちゃん1さん
#
なんとッ! こんな展開に・・・ΣΣ(°д°lll)
う〜〜ん・・・ 東次クンと真琴が義理の親子・・・ 
しかし、2050年・・・ 親父は健在なのか・・・??
だけど、東次クンが独り身で「パート1」を終了するのは納得・・・(ぇ?
ozy-さんの発想は、とっても独創的なので、ちょっとクセになりますよね・・・(*^▽^*)
「すいか」の予告を見そこねてたんですが、ゆかちゃんの
「もう帰ってちょうだい・・・」なんですかぁ!?
これまた、お楽しみですね!!

--
“剛さんといえば三部作”

カッペちゃんへ。
元カレ予想の素早い反応ありがとうございます。
そしてハートウォーミングな感想、嬉しいです。

“脚本:小松江里子/主演:堂本剛”の組合せで
青春三部作といわれている名作があります。
>若葉のころ('96)、青の時代('98)、Summer Snow('00)

これに対抗して、不条理三部作というのはいかがでしょうか。
>元カレ('03)、義母の時代('50)、晩秋('00)
…やはり元カレはパート1で打ち切ってください。

そうなんですよ。
ゆかちゃん、ついに泥舟デビューです。
しっかり、泥舟ママの黒メガネも着けていましたよ。
メガネ好きの私はもうウキウキです。

心なしか、いつもよりお客さんも多かった気がします。
--


“(oб▽б)ゝこんにちわぁ♪”
カッペちゃん1さん
#9月3日12時34分
「元カレ」・「すいか」のテーマ日記が増えてるなぁ・・・
と思ったら、ozy-さんでしたぁ・・・(*^▽^*)
お引越しされた分がたくさんやって来てるんですね♪
過去日記・・・ちらほら拝見いたしました・・・ ( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
ozy-さん・・・ やるな・・・ (←??? 笑)
そして、「日記リンクさせて下さい!」
(つい最近、このシステムを知ったのです・・・(°Д°;))

--
“ノリ重視”

カッペちゃん、こんにちはー。
日記リンクありがとうございます。
この気持ちを今流行りの言葉でたとえると、
うれしはずかし朝帰り気分です。
ママに会ったら平謝りです。

夏ドラマ最終回に向けて、7月分の過去日記を小出し小出しで
テーマ日記にあげさせて頂いてます。
この機会に過去日記をいろいろと読み返しているのですが、
7月20日のメガネ部トーク(元カレ)は、
もう完全にノリだけで書いてますね。
お気に入りです。
Posted by ozy- at 2005年05月15日 20:57
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです