2004年07月03日

はい、フナムシ

サク(山田孝之)の顔から突然パンチになった時は驚きました。
#パンチ佐藤さんのアップで始まるアースおそとでノーマットのCM。
それだけ、のめり込んで見ているわけです。



堤幸彦版 『世界の中心で、愛をさけぶ』 第1話



堤版は「ここだ!」っていうタイミングで
人物を真っ正面から撮らえてきますね。
はまり込んでいる私としては、その人物と
向き合っている感覚になるので、感情移入が
一気にスパークしてました。


亜紀(綾瀬はるか)
「好きよ。サクちゃん」


どうして私はサクちゃんという名前ではないのだろ。



---
世界の中心で、愛をさけぶnext




テレビブログ編集部の方に
こちらの日記を紹介して頂きました。
ありがとうございました('06.9.1)


2006/08/30
はい、フナムシ

タイトルからして笑ってしまうエントリです(笑)
「世界の中心で、愛を叫ぶ」再放送第一話の感想。
エントリ最後の一言は、きっとたくさんの人の声を
代弁しています!
From 僕らのドラマ

投稿者 miz : 2006年08月30日 10:14


posted by ozy- at 08:57 | aada coda iu(1) | track back(1) | 2004年
この記事へのコメント
“こんばんわ☆”
りんりん れいれいさん
#7月8日0時34分

今日は七夕ですね…  あっ!もう日付が変わっちゃってる…
楽天締めちゃうんですね…
もう一つの方に行ってもチェックチェック!!読ませてもらいますね〜
そうするにはどうしたらいいのか…???
リンクしたらいいのだ〜〜(*^_^*)

プロフィールに掲載してた写真の再掲載うれしいです
結構見逃してる
ozy-さんの撮った写真好きです…
写真のことなんて全然解らないんだけど…

この夏のイチオシドラマは
「世界の中心で愛をさけぶ」かなぁ〜
映画見に行きたかったんだけど なかなか〜同調してくれる友もなく…
毎回泣きが入りそうです

冬ソナ2週連続寝てしまった…
これはもうレンタルに行かなくては!!!!

--
“祝一周年”

れいれいさん、こんばんわ☆
この頃の冬ソナは展開早いですよ。
ユジンがメガネを掛けるのも忘れるくらい。
男子メガネ部としてはちょっぴり淋しいです。

今までのプロフィール写真を数えてみたら、
20枚以上ありました。
楽天卒業までの残り二ヶ月間で、日記に全部
載せていこうと思っています。

れいれいさんとは楽天移転前のライコス時代から
ですもんね。
今までの書き込みは大切にとってありますよ。
れいれいさんの「はじめまして」を探してみましょうか。
あったあった。
2003年7月4日。ちょうど一年前ですね。
一周年経ちましたか。おー。めでたい。

その時のれいれいさんは『幸福の王子』の
繭トークをしてました。
一年後に、こうして綾瀬はるか繋がりで来るとは。
れいれいさん、おみごと。

「世界の中心で愛をさけぶ」
私は一人でこの映画を観ましたが、
一人でよかったと思っています。
泣いてる所はあまり見られたくないので。
--


“あ〜〜本当だ〜〜”
りんりん れいれいさん
#7月12日0時46分

本当ですね☆
綾瀬はるか繋がり…
きっと私はこれから彼女の今後が気になり、
彼女のことを見るたびにozy-さんを思い出すと思います
(って書いて、ん??お別れみたいジャン!!違うって〜っと1人つっこみ…)

映画見たんですね…いいなぁ…

--
“映画『世界の中心で、愛をさけぶ』をもう一度観られない訳”

綾瀬はるかさんは私の中で二大「ちょっと待って」女優です。
#『幸福の王子』繭の名ゼリフですね。
#ちなみに、もう一人は『ちょっと待って、神様』の宮崎あおいさん


今週のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』は、負けました。
別れのホームネタをやられてしまうと
あたしゃメタメタになるのです。


映画版の方はですね。
テロップで『1986年』と出た瞬間に「うっ」と来たぐらい
入り込んでましたので客観的には語れないのですが、
もう一度観たい作品ですね。
ただ、撮影された篠田昇さんの遺作となってしまった今、
全編を通してただひたすら泣いている気味の悪い観客に
なりかねないので、映画館ではもう観られません。

もう何だかよくわからず、泣き散らすかも知れないので。
---



“お久しぶりです”
上海華さん
#2004/08/28 12:22 AM

やっぱりozyさんもセカチュ−観ていたんですねぇ
しかも映画版も!

--
“小説と映画の中心にいると思った”

こんばんは、上海華さん。
私がこの『世界の中心で、愛をさけぶ』に足を踏み入れたのは、
ドラマでもなく映画でも小説でもなくレンタルで借りたビデオでした。
『世界の中心で、愛をさけぶ -朔太郎とアキの記憶の扉』

小説も映画もまだ見ていなかった私は
その日の日記に、こんなことを書いています。

>もしかしたら、小説・映画を含めた三作品の内、
>一番好きな作品になるかもしれません。

実は今でも、そう思ってます。

#日記「愛をさけぶ前に」(5/3)
http://ourdorama.seesaa.net/article/2943024.html
Posted by ozy- at 2005年05月30日 22:29
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです


再放送で、愛をさけぶ
Excerpt: テレビブログ編集部の方に 『世界の中心で、愛をさけぶ』日記('04.7.3)を紹介して頂きました。 2006/08/30 はい、フナムシ タイトルからして笑ってしまうエントリです(笑) ..
Weblog: Liner noise
Tracked: 2006-09-01 01:42