2003年06月19日

さよなら“ななみ会”/後夜祭

今日はこのまま涙目で書かせてください



ホットマン


始まる前から「今日は泣く」なんてことはわかっていましたので、

「さぁ来い」という強気の姿勢で見てしまいました。



前半、沖縄編も「こんなのへっちゃらだぜ」と強がっていながらも

刀記(深水元基さん)の父ちゃんの言葉に少しグラつき、

「こんなのじゃ、泣いた内には入らないぜ」

と意地になっていた矢先の出来事でした。



沖縄から帰った日の夜。

エンゾ(反町隆史さん)は、いつものように七海の全身に住んでいる

かゆいかゆいマンの部分にお薬を塗ろうとします。



「エンゾ、今日は かゆくないんだよ」



気持ち良いほど涙があふれました。

良かった。ホントに良かった。



最後はエンディングロールの回想メドレー。

涙の温泉につかりながら、こうして七海祭は終わりました。



最後の涙は悲しくて泣いてるんじゃない涙でした






---
backHOTMAN
posted by ozy- at 22:15 | aada coda iu(1) | track back(0) | 2003年
この記事へのコメント
タローさん
#2004年1月27日22時41分

最終回はとても感動して涙が出ました。
サイコーーーーーーーーーーーーー

--
“ななみ会よ永遠に”

タローさん、いらっしゃいませ。
じーん。
これなんですね。
長くやってきた醍醐味って、これなんですね。
こんな古い日記にお返事を頂き、ありがとうございます。
ビデオでご覧になられたんですかね。
時間を越えて、こうして共感できたっていう事実が
もう素直に嬉しいです。ちょっと不思議な感覚。

あぁ私も『ホットマン』もう一度見たくなりました。
「ななみ会」の血が騒ぎます。

#「ななみー!!と叫ぶ会」縮めてななみ会
#http://ourdorama.seesaa.net/article/2943088.html
Posted by ozy- at 2005年05月24日 22:46
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです