2003年06月07日

土曜ノスタルジィ劇場/第三話

この作品を見続けている人とは
仲良くなれそうなドラマ『ぼくの魔法使い』ですが、
みったん(伊藤英明さん)のこのハチキレっぷりは
いったいどこから来るのでしょうか。
素敵です。
良い意味で今までのイメージを裏切ってくれています。


“かっこいい女性”“イイ男”と呼ばれている方が、
一度ぶっ飛んだ演技を見せてくれることで
同姓のファンを増やすことってある気がします。


私にとって竹野内豊さんがそうでした。
『世紀末の詩』の野亜亘役で同じように
ガラット裏切ってくれました。
この作品は脚本家/野島伸司さんの集大成だと
私が勝手に思っている作品でして、
今でもたまに見かえすぐらい好きです。




放送していた時期は、このドラマを見ていた友達と話す時に
お互い教授(山崎努さん)になりきりながら、よく語り合ったものです。


土曜日ってのは、どういうわけか昔話になる傾向がありますなぁ

>土曜ノスタルジィ劇場/第一話(5/17)
>土曜ノスタルジィ劇場/第二話(5/30)



---
backぼくの魔法使いnext

posted by ozy- at 21:45 | aada coda iu(0) | track back(0) | 2003年
この記事へのコメント
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです