2004年06月09日

釣られてきました

#映画を観た直後にちょこちょこっと書いたメモをそのまま
#以下に写します。






世界の中心で、愛をさけぶ


「瞳をとじて」は気持ちよかったね。

映画館の中にふわっと広がって。

空気の微粒子の一つ一つにしみ込んで

いくような。ふるわせてたね。

響きましたよ。



天気予報で四国地方に台風29号が

接近するたびにふと思いだすんだろな。

そんな気がします。



「残る」作品という以上に、

心に広がっていく作品でした。



以上です、へんしゅうちょー

#最後の一行は付け足しました。




そんなわけで、さけんで参りました。

以前にもお話したとおり、映画館で

泣きそうになると我慢してしまうのですが、

#『ホテルビーナス』(3/22)

今回もすがすがしい程、負けてきました。

パンフレット買いましたもん。



アキ(長澤まさみ)とサク(森山未來)が

重じい(山崎努)の所で記念写真を撮るシーン。

さけんだね。



予告編でも見せていた重じいの気合いを込めた

シャッターアクションは、今度やろうと思います。





---
back世界の中心で、愛をさけぶ
backCINEMAnext

posted by ozy- at 22:41 | aada coda iu(1) | track back(0) | 【CINEMA】
この記事へのコメント
milqoo-maさん
#6月9日23時40分

観てはいないのですが!

ozy-さんの言葉の魔力にフラフラです。

‘わたしまけましたわ’デス

『心に広がっていく作品』なんて・・・言えない。

私も叫びたい!!

「へんしゅうちょぉおおおお!」って。('_'?)...ン?


--
milqoo-maさん、こんばんは。
おかげさまで
♪それだけでいいー
の部分は、青筋を立てながら歌っております。
想像以上に、後を引きますね。こりゃ。

たいがい「メガネトークで落とす」
というのが定番になってます。


関係ありませんが、大木さんのあだ名は
たいがい「ボンちゃん」から始まりますね。

Posted by ozy- at 2005年05月27日 23:30
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです