2004年04月25日

メガネノイローゼ

ユジン(チェ・ジウ)のメガネシーンが映るたびに
私が胸キュンしているとお思いでしょうね。
とんでもない。のたうち回ってます。



冬のソナタ』 第4話 「忘れえぬ恋」



事前にサントラ2枚を立て続けに聴いていたおかげで、
BGMが掛かるたびに
「あ、“最初から今まで”のピアノバージョンだ」とか
「お、出ましたね。“最初から今まで”のインストバージョン」
などと曲のタイトルがよぎってしまい、ちょっと邪魔です。
#オープニング曲(最初から今まで)しか分かってません。





スキー場の下見でユジンは写真を撮っていました。
建物を撮っていたカメラは自然と
ミニョン(ぺ・ヨンジュン)へと向けられます。

“カシャカシャ”

いけいけー。
煙草を吸うミニョンの横顔が高校生のチュンサンの
面影と重なっていきました。

“カシャ”

振り返るミニョン。見っかっちゃったー。
ユジン、マッハの早さでカメラを外します。
あぶないあぶない。バレてるっぽいけど。


その後、ミニョンさんから結婚したらどんな家に
住みたいかと聞かれました。

「好きな人の心が、一番素敵な家だと思います」

さっきどこかで聞いたような…、あららミニョンさん
ときめいてます。それとも同じくときめいてる
私の心がそう思わせているのかもしれません。



山小屋のストーブで靴を乾かしてました。
ユジンはじーっとミニョンを見つめてます。
もちろん頭の中はチュンサンの面影オンパレードが
続いていました。
この感情、もう心だけでは押さえきれません。

「どこの高校、出たんですか? アメリカの高校ですか?
 本当にアメリカの高校?」

いけいけー。

「メガネ外してくれませんか?」

だぁー。それはちょっと。
#メガネ外し運動撲滅キャンペーン中('03.7.20)
いたしかたない。いたしかたないのかこの状況。


“コンコン”

チェリーン(パク・ソルミ)、グットタイミング。
初めて来ちゃった攻撃に救われました。


来ちゃった、バンザイ。



---
back겨울연가next

posted by ozy- at 10:23 | aada coda iu(1) | track back(0) | 2004年
この記事へのコメント
sonoさん
#4月25日10時47分

はじめまして!!!!
サントラの件で来ました
ユジンがチュンサンを思い出すシ−ンには、もう一つのメインテ−マ曲
「My memory」が使われてましたよ!そのピアノバ−ジョンもね。
これもこれから何回かでてきま-す!!

--
“「記憶の中へ」も好き”

sonoさん、いらっしゃいませ。
「My memory」
今、聴きながら書いてますよ。
泣きそうです。
歌声がとてもやさしいんですよね。
あ。今次の曲「初めて」が流れてきました。
もう一度、第一話の音楽室のシーンを
見返したくなりました。罪なサントラです。
--

sonoさん
#4月25日11時43分

ozy-さん
早速お返事?私もまた来てしまいました。
お互いに付き合っている人いながら、好きな人の心が一番良い家とは?
と思ってしまいますが。。まあそうしなと始まらないか!!!
 でも曲はドレもステキ。RYUのこのサントラ盤はNHKで
ゴ−ルデンディスク大賞、3月に貰ったのですがご存じでしたでしょうか?
NHKホ−ルで「最初から今まで」を途中から日本語で熱唱したんですよ!
 ヨンジュン氏の先日のファンミも一緒だったんですね
それにしても、曲でドラマを盛り上げるって、日本ではあまりナイことですね!!
このあともゴラマの内容を曲にしていきますね。それも楽しみというか、
どうしても耳に入って。。。きます

--
sonoさん、こんにちは。
NHKホ−ルで「最初から今まで」歌われたんですか。
くー、見たかったです。
サントラ盤は一度掛けると、なかなか止められませんね。
窓から外を眺めた時、雪が降っていないのが
残念でしょうがありません。
---


ゆうさん
#4月25日14時10分

こんにちは!
私も「My memory」の曲を聴いただけでウルっときてしまいます。
今携帯の着メロはこの曲です。
実は先が気になってレンタルで、6話までみてしまいました。
来週すごいですよ!早く見たいです!冬ソナは何度観ても飽きないです。

--
ゆうさん、いらっしゃいませ。
「My memory」の着メロなんてあるんですね。
知りませんでした。
ものすごく会社で鳴らしたいです。
そこで反応した人は、即お友達。

来週、すごいことになってますか。今から楽しみです。
私はいったいどこまで もてあそばれるのでしょうか。
Posted by ozy- at 2005年05月31日 22:19
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事のTrackBackはこちらです